CSR 2016.08.25

手話サポートシステム「Hearty Style」を開発しました。

聴覚に障がいを持つお客様がドコモショップへご来店された時に、手話通訳者と映像を通じて手話で受け答えができるシステム「Hearty Style」を開発しました。
このシステムは、全国648店舗(※)のドコモショップに導入されており、手話で会話されるお客様の応対サポートを行っています。

「Hearty Style」は、ドコモ・システムズが提供している「dDREAMS Web会議システム」の技術を活用した映像通信システムです。 手話のデリケートな動きをそのまま伝送できる高品質な映像と音声を実現したため、これまで使用していたテレビ電話システムに較べて、お客様とスムーズにコミュニケーションがとれるようになったそうです。今後は窓口の受付システムなど、さまざまなシーンでのご利用に向けた提案もすすめる予定です。

ドコモ・システムズは、これからもITの力で、社会の様々な問題の解決に取り組んでまいります。

(※)2016年7月末現在

手話サポートシステム「Hearty Style」

一覧ページに戻る
btn-pagetop