ニュースリリース 2019.10.16

通信型ドライブレコーダーに、任意タイミングでの映像取得機能を追加

〜危険運転の映像に限らず、見たいときに見たいシーンを指定して、映像を再生〜

ドコモ・システムズ株式会社(以下、ドコモ・システムズ)は、法人向けに提供する車両運行管理サービス『docoですcar』の通信型ドライブレコーダーに「任意映像取得機能」を追加しました。

■概要

『docoですcar』の通信型ドライブレコーダーは、クラウドに映像を転送・保存するため、車が帰庫しなくても遠隔で映像を確認することができます。
これまでは、事故や危険運転など、ドライブレコーダーが強い衝撃を検知したタイミングのみクラウドに映像を転送していましたが、「事故や危険運転に限らず、任意の日時の映像を確認したい」というお客さまからのご要望にお応えし、今回の新機能をリリースいたしました。

■活用シーン

(1) 「最新の状況」を見える化
たとえば、目的地への到着が遅れている車両がいる場合に、直近の現場の状況を映像で確認。
渋滞なのかトラブルなのかなどの判断にお役立ていただけます。また、除雪や道路清掃などの作業進捗や、災害時の現場の状況も、タイムリーに映像を取得・確認することで、管理者が必要な対策を行うことができます。

(2) 「過去の状況」を見える化
たとえば、近隣住民から危険な運転に対するクレームがあった場合でも、当時の映像を遠隔で取得。
映像をもとに、ドライバーの運転状況や周囲の状況をさかのぼって確認することで、適切な対応をとることができます。

■利用イメージ

地図画面から、「対象車両」と取得したい映像の「日時」を指定するだけの簡単操作。
指定した日時からさかのぼって20秒間の映像が取得できます。
取得した映像はストリーミングでの再生のほか、パソコンへのダウンロードも可能です。

車両の現在位置を表示する[地図画面]から、車両を選択して、直近の映像を取得・再生できます。

車両の走行軌跡を表示する[履歴画面]から、過去の日時を指定し、映像を取得・再生できます。
たとえば、クレームや事故が発生した地点からさかのぼって映像を確認することもできます。

ドコモ・システムズの通信型ドライブレコーダーは、万が一の事故への備えだけではなく、業務に活用いただける多彩な機能を提供しています。

・運転者認証機能  : 免許証などのICカードによる運転者の認証機能
・運転診断レポート  : 安全運転の指導に活用可能なレポートの出力
・車両管理機能  : 車両の予約や車両管理日報の出力
・SDカードエラー検知  : 記録用SDカードのエラーを検知・通知する機能

ドコモ・システムズはこれからも『docoですcar』のさらなる改良をすすめ、お客さまのあんしん・安全と業務効率化を支援してまいります。

※本機能のご利用には、「docoですcar Safety(安全運転支援)」および「docoですcar NEXT(動態管理)」のご契約が必要となります。また、通信型ドライブレコーダー(型番:THD-501DS)をご利用いただく必要があります。
※任意映像の取得は、通信型ドライブレコーダーの電源がONの状態である必要があります。
※映像の取得回数には制限があります。詳しくはお問い合わせください。
※記載された製品の仕様・サービス内容・問い合わせ先などについては、発表時現在のものであり、予告なしに変更されることがあります。
※「docoですcar」は、ドコモ・システムズ株式会社の登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】

ドコモ・システムズ株式会社
docoですcar担当

TEL:0120-861-374
MAIL:info-dococar-ml@nttdocomo.com
URL:https://www.docomo-sys.co.jp/products/doco-car/driverecorder/



一覧ページに戻る
btn-pagetop