ニュースリリース 2022.04.05

2022年道交法改正対応
白ナンバー事業者向けアルコールチェックサービス申込受付を開始

 ドコモ・システムズ株式会社(以下、ドコモ・システムズ)では、車両管理サービス「docoですcar」の新たなラインアップとして、白ナンバー事業者向けアルコールチェックサービスの取り扱いを開始いたします。つきましては、2022年4月5日(火)より本サービスの申込受付を開始いたします。

白ナンバー事業者向けアルコールチェックサービス

■開発の背景

 ドコモ・システムズでは、2001年から、車両管理サービス「docoですcar」の提供を通し、のべ3,000社・10万台のお客様に安全運転や業務効率化の支援をしてまいりました。
2015年からは、貨物・旅客事業者(緑ナンバー)向けアルコールチェックサービスの提供を開始するとともに、アルコール検知器協議会(J-BAC)へも加盟し、点呼の精度向上を通した飲酒運転事故撲滅に向けて取り組んでまいりました。
近年、飲酒運転による事故が多発するなど社会問題化していることを背景に、2022年4月から道路交通法の改正※により、アルコールチェック義務化の対象が白ナンバー事業者へ拡大されたことから、これまでの技術・ノウハウを活かし、白ナンバー事業者に特化したアルコールチェックサービスを新たに提供する運びとなりました。
ドコモ・システムズは、本サービスを通じて、安全運転管理者の円滑な業務推進とドライバーの確実なアルコールチェックの実施により飲酒運転の未然抑止を実現し、白ナンバー企業の信頼とドライバーの安全を守ります。

※2022年の道路交通法改正とは

 道路交通法改正により、安全運転管理者選任事業所(乗用車なら5台以上、定員11名以上の車両なら1台以上を保有している事業所)は、2022年4月から目視によるアルコールチェック・記録の1年保存、2022年10月からアルコール検知器を使用したアルコールチェックが義務化されます。

■白ナンバー事業者向けアルコールチェックサービスとは

 本サービスは、2022年の道路交通法改正に対応し、白ナンバー事業者を対象に提供するアルコールチェックサービスです。ドライバーは、携帯型のアルコール検知器を通していつでもどこでも測定が可能、検知器はスマートフォンと連携することで、確認結果をクラウド上に1年間自動保存することができます。また、安全運転管理者は、インターネットに接続された管理画面を通して、アルコールチェック結果を一元管理できます。
2023年には、docoですcarのドライブレコーダーで取得可能な走行履歴や運転診断データとも連携が可能なため、ドライバーごとの走行実態とアルコールチェックの実施有無を一元的に把握することが可能となります。

白ナンバー事業者向けアルコールチェックサービスとは

■サービス提供スケジュールについて

 2022年10月からのアルコール検知器を用いたアルコールチェック義務化に向けて、下記のスケジュールにてサービスの取り扱いを実施いたします。

・申込受付開始

:2022年4月5日(火)〜

・検知器の提供開始

:2022年夏頃(予定)

・アルコールチェックサービスの提供開始

:2022年9月(予定)

※法改正による急激な需要増、および近年の半導体不足の影響により、期限までに市場の検知器を 確保することが難しくなることが想定されます。
当社では、申込をいただきましたお客様から順次、検知器を手配させていただきます。

■料金

月額費用

スマホアプリ利用料

:600円/ID(税別)

管理画面利用料

:500円/ID(税別)

※その他詳細はお問い合わせください。

以上

※「docoですcar」はドコモ・システムズ株式会社の登録商標です。

※iOSは、Apple Inc.のOS名称です。IOSは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標であり、ライセンスに基づき使用されています。

※その他の、本サイトに記載されている商品・サービス名称等は、各社の商標または登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】

ドコモ・システムズ株式会社
docoですcar担当

MAIL:info-dococar-ml@nttdocomo.com
URL:https://www.docomo-sys.co.jp/products/doco-car/alcoholcheck/


別紙

「白ナンバー事業者向けアルコールチェックサービス」の特長

■サービスの特長

  • 携帯型の検知器でどこでも測定が可能 直行直帰ニーズにも対応
  • リアルタイムに測定データとドライバーの顔写真を確認
  • 万が一のアルコール検知時は管理者に即時通知
  • データは1年間クラウド保存 ドコモのクラウドでセキュリティも安心
  • ドライブレコーダーの走行履歴や運転診断とともに一元管理 (※2023年対応予定)

■アルコール検知器

中央自動車工業 SC-502相当品

  • @ 警察の飲酒検問にも採用されている品質と信頼性を持つメーカー
  • A 反応速度と検知精度の高い電気化学式センサー
  • B Bluetoothで簡単にスマホへ接続
  • C 小型で携帯にも最適

※商品の型番・デザイン、仕様、外観、価格は、在庫状況などにより、予告なく変更となる場合があります。
最新の対応状況や詳細仕様につきましてはお問い合わせください。

※その他サービス詳細は、下記をご参照ください。
公式サイト https://www.docomo-sys.co.jp/products/doco-car/alcoholcheck/



一覧ページに戻る
btn-pagetop