s-WorkController 労働時間適正化システム

働き方改革を推進するうえで、大きな柱となる長時間労働の是正。s-WorkControllerは勤務時間外のパソコン利用を抑止し、社員の労働時間を適正に管理することができる労働時間適正化システムです。
適切な労務管理により働き方改革を推進し、ワーク・ライフ・バランスを実現します。

システム概要

■パソコン利用の抑止イメージ

■スケジューラ・ワークフロー

スケジュールを管理をするなかで、時間外勤務を管理。スケジューラに時間外勤務予定時間を登録することで、上長へ申請が廻ります。
時間外勤務申請のほか、旅費(オプション)・休暇申請もスケジューラからのシングルインプットで申請が廻り、勤務管理が可能。会議招集やToDo管理機能なども搭載し、業務効率化を推進します。

特許取得済み
特許第3682043号(業務スケジュールに関する情報を表示する装置および方法)

画面イメージ

スケジュールを管理する画面です。

時間外勤務を登録すると、上長へ申請が流れます。
上長が不在の場合は代行者を設定しておくことで、承認遅延を防止。

PC画面全面に表示。
《シャットダウン》か《時間外勤務申請をして業務継続するか》を選択させます。時間外勤務未申請の場合の業務継続を抑止できます。

任意のメッセージによるアラーム通知が可能。時間外勤務の事前申請や勤務時間終了のリマインドなどにより時間に対する意識づけができます。

機能一覧

■基本機能
提供機能 概要
スケジューラ スケジュール・勤務管理 日々のスケジュール管理、サービス残業抑止機能による時間外の申請/承認が可能です。(ワークフロー連動による時間外/休暇申請の管理者承認)
時間外勤務抑止 未申請の時間外勤務実績がある場合、PCのスクリーンロック機能により時間外申請を強制的に実施させることで、適正な時間外管理に寄与します。
ToDo管理 本人のToDo管理、他者からのToDo依頼等、作業備忘として活用できます。
来訪者管理 訪問者の事前登録により訪問先部署・予定会議室の確保とスムーズなご案内にご利用いただけます。(会議室予約、会議招集と連携)
在席状況表示 対象社員の自席/離席/外出などの状況を自席PCで確認できます。
会議室予約 登録した会議室の空室・必要設備での検索を行い、会議室の予約と参加者の招集が可能です。(来訪者登録、会議招集と連携)
会議招集 スケジューラに登録された会議の出席依頼をすることができます。
ワークフロー 申請承認機能 テキストベース・定型フォーマットでの社内申請が可能です。
- 各社規定に即した承認フローを自動設定。(本人⇒上長⇒組織長など)
- 各種申請の承認、旅費申請の承認申請状況の把握
申請進捗確認機能
■オプション
提供機能 概要
旅費申請 スケジュール登録された出発地・帰着地から公共交通機関の金額を最安額/最短時間等のルールで自動算出し、旅費申請を簡素化できます。
レポート 勤務データ抽出 前日までに発生した勤務の状況、旅費申請の内容のデータ抽出が可能です。
旅費データ抽出
■対応OS
・Microsoft®Windows 7 Enterprise SP1
・Microsoft®Windows 7 Professional SP1
・Microsoft®Windows 10 Pro
・Microsoft®Windows 10 Enterprise

※仕様、および、サービス提供時期については、開発中のため一部変更になることがございます。
※対応OSについては、セキュリティ対策・メーカーサポートの終了・機能のバージョンアップ等の理由により変更となる場合がございます。
※その他名称については、各社の登録商標または商標です。