0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

バスナビについての豆知識

バスナビについての豆知識

バスナビを利用することによってバスの運行サービスをしている業者の課題を解決できます

バスの運行サービスを提供している業者の中には課題を抱えているところもあるのではないでしょうか。多くのバスの運行サービスを提供している業者が抱える課題の多くはバスナビを利用することによって解決することができます。バスナビが解決できる課題に関しては大まかに分けて3つあります。
一つ目はバスの現在地や遅れの情報を利用者にできるだけ早く知らせたいという課題です。電車よりもバスは遅延しやすいという特徴があります。例えばバスを降りる際には直接整理券を運転手に提出してお金を支払うことになります。そのお金のやり取りに時間がかかったりすることもあります。
また交通渋滞や悪天候などの影響を受けやすく、遅延する可能性が高くなるのです。
一方、バスの到着を待っている方は時間通りにバス停に到着していないと不安になります。自宅に帰る方はあまり不安を抱くことはありませんが、打ち合わせのためや面接を受けるためにバスを利用する方もいるのです。遅刻をしてしまうと相手に迷惑をかけてしまうこともあります。これらの悩みをバスナビで解決できます。バスナビを利用することによってバスのサービスを提供する運営業者だけでなく、利用者もバスがどのあたりを走行しているのか知ることができるので、遅延がある場合には柔軟な対応をすることができます。例えば時間に間に合いそうになかったらタクシーを利用して面接会場に行ったりすることも可能です。現在地を利用者が知ることによってバス会社へのクレーム対処などの手間も減らすことができるので、利用者だけでなく、運営業者もメリットを享受することができるのです。
二つ目は災害時や事故発生時などの有事の際でも業務をできるだけ継続したり、すぐに復旧できる体制を整えたいという課題です。日本は地震大国になるので、地震などの災害に対策を講じている企業はとても多くいます。大きな災害が起きれば通常のように業務を行うことはできませんが、なるべく早く復旧できるようにしておきたいと考えているバスの運営者もいるのではないでしょうか。バスナビを利用することによって災害時の課題も解決することができます。緊急事態が起きた際にも運行状況などをリアルタイムで確認することができるので、業務を続けることができない災害でも復旧のために対策を講じることができるのです。 三つ目はコストの課題です。バスナビを低価格で導入したいと考えている方もいるのではないでしょうか。こうしたサービスを提供してくれる専門業者は、長年蓄積された情報やノウハウを持っており、すでに専門的に確立されたシステムを提供してくれることによって初期開発が必要でないため、安価で簡単に導入を実現してくれるところもあります。サーバー保守や地図更新などの運用コストも削減することができるので、初期コスト、ランニングコスト共に安く済ませることが可能です。

バスナビを導入している事業者

バスナビは現在、とても多くの事業者で導入されています。事業者に関しては大まかに分けて3つあります。
一つ目は高速バスです。高速バスは基本的には長距離の移動の際に利用するバスのことになります。長距離を移動することになるので、高速道路をメインに走行します。ゴールデンウィークやお盆などの交通量が増える時期には、交通渋滞に巻き込まれることで大幅な遅延が発生することもあるので、運営者はリアルタイムでどの辺を走行しているのかを把握したい時もあります。
また、災害時などの対応をするために導入しているのです。
二つ目はコミュニティバスです。コミュニティバスは市町村が運営しているバスになります。市町村の施設などを利用したいと考える方が無料で利用できるバスになります。利用者がコミュニティバスがどの辺を走行しているのかをバスナビを利用することによって知ることができます。
三つ目は幼稚園バスです。幼稚園では通常、幼児を自宅に届けるためにバスで送り迎えなどをしています。特に幼稚園バスは乗り降りに時間がかかることも多く、また登園の時間帯は通勤の時間帯と重なることも多いため遅延などが発生する可能性が高いのですが、バスナビを利用することによって遅延がある際にも保護者はバスの現在地をリアルタイムで知ることが可能です。

バスナビを利用するための業者の選び方のポイント

バスナビを導入したいと考えている方は業者を選択して利用することになります。このようなサービスを提供してくれる業者は多くありませんが、複数社あるので、どの業者を選択したら良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。業者の選び方のポイントは2つあります。
一つ目は多くの導入実績があるかどうかです。初めての方は導入に不安を抱えている方もいますが、実績が豊富にあるところを選択することによって初めて導入をする方でも気軽に利用することができます。
二つ目は初期費用をなるべく安くしてくれるかどうかです。業者によってはお客様の初期費用の負担を減らすためにレンタルプランを提供してくれるところもあります。レンタルプランを利用することによって安く導入をすることができるのです。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

レンタルプランの初期費用0円、初期導入しやすいサービスです
バスロケーションサービス-【docoですcar for BUS】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )