0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

運行管理を導入するための豆知識

運行管理を導入するための豆知識

運行管理システムを導入することで解決できる3つの課題

運行管理に課題を抱えている会社もあるのではないでしょうか。現在では運行管理システムを導入してくれる業者があります。そのような業者を利用することによって運行サービスを提供している多くの会社が抱える課題を解決することができます。代表的な課題に関しては大まかに分けて3つあります。
一つ目は災害が起きた際の対応を迅速に行い、復旧を素早く進めたいという課題です。日本は地震大国と言われているように、地震が多発する国になります。そのため、運行会社だけでなく、他の企業も災害に対する取り組みをしっかりと行っています。もし対策をしていないと復旧に時間がかかる可能性があり、被害を最小限に食い止めることができないこともあります。何時起こるかわからない災害にもしっかりと対策をしておくことによって運行会社の信頼性が高くなり、利用者も多くなることもあります。運行管理システムを導入することによって災害などの有事の対策も行うことができます。システムの導入によってバスやトラックなどの車両の現在地をリアルタイムで把握することができます。そのため、運行会社の管理者は車両の現在地を確認して運転手に正しく指示するなど迅速な対策をすることができるのです。迅速な対策を講じることによって運転手を危険から守ることができ、もちろん荷物や乗客を守ることも可能です。
二つ目の課題は業務の効率化です。通常、システムを導入していなければ、運行している車両がどこにあるのかは直接ドライバーに確かめなければわかりません。そのため、運行管理業務を効率的に行うことができないこともあるのです。運行管理システムを導入することによって見える化を実現することができます。見える化が実現することによってお客様の突発的な要望にも瞬時に対応することができるので、業務の効率化を図ることが可能です。業務の効率化を実現することによってお客様からの満足度も高くなるので、利益向上に繋がることもあります。
三つ目の課題はコスト削減です。コスト削減に取り組んでいる企業はとても多くあるのではないでしょうか。運行管理システムを導入することによってコスト削減も実現することができます。運行状況を把握することができることによってドライバーに確認をする管理業務の軽減が実現できます。さらに効率的な空車手配や走行ルートの見直しなどを行うことができるので、稼働を効率化することができたり、ガソリンを使用する量が少なくなるので、燃費の改善を期待することが可能です。

運行管理システムの機能について

運行管理システムには、具体的にどのような機能が付いているのか知りたいと思っている方もいるのではないでしょうか。主な機能は3つあります。
一つ目は自社車両の走行位置や業務状態をリアルタイムで把握することができます。パソコンの画面から地図上でどの車両がどこを走行しているのかを一目で確認することができます。
また、複数の車両に関しても対応することができるので、車両が多く運行している会社でも利用できます。
二つ目は走行履歴を確認できる機能です。走行履歴を確認することによって適正業務や効率化に活用できます。
また、データに関してはCSVで保存することが可能なので、資料にして保存することもできます。
三つ目はコミュニケーション機能です。ステータス通知などはもちろんのこと、ブザー連絡なども行うことができます。さらにメッセージ連絡機能も付いているので、走行に関してアドバイスをしたり、指導することも可能です。メッセージ機能があることによって電話でのやり取りが少なくなるので、通話料なども削減することもできるのです。
このような機能を活かし、物流業をはじめ、建築資材を運ぶ車両や、警備会社、緊急車両、バス会社など、様々なシーンで幅広く利用されています。

運行管理システムの選び方のポイント

運行管理システムは多くあるので、どのようなシステムを選んだら良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。システムの選び方のポイントは大まかに分けて3つあります。
一つ目は導入しやすいかどうかです。導入に手間がかかると業務に支障をきたすこともあります。システムの中には配線工事などを不要で導入することができるものもあります。さらにシガーソケットに電源アダプタを繋ぐだけで導入することができるので、業務に支障を与えることなく、導入をすることが可能です。
二つ目は手間が少ないかどうかです。業者によっては専用のソフトなどが必要なくインターネットに接続されているだけで使用できるシステムもあるので、そのような運行管理のシステムを導入すると手間も少なく導入することが可能です。
三つ目はメンテナンス等が必要かどうかです。保守や地図更新のために費用が必要になるシステムもありますが、メンテナンスが不要のところもあるので、そのようなシステムを導入するとランニングコストを抑えることができます。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

導入実績2,300社以上!輸配送コストを簡単削減
docomo品質の運行管理システム【docoですcar NEXT】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )