0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

物流の管理業務を効率化できるシステム

物流の管理業務を効率化できるシステム

物流の管理をしてくれるシステムの主な特徴

日本では物流を生業としている企業がとても多くなっています。現在では様々な分野が発達しているのでショッピングの方法も変化してきました。例えば昔は近所のお店に行ってショッピングをするのが一般的でしたが、今ではインターネットが普及しているので、通販サイトなどで買い物をしている方も多くいるのです。通販サイトでは自宅から気軽に行くことのできない遠い場所にある店舗の商品を購入することができるので、その地域の名産品なども容易に購入できます。通販サイトで購入したものはお店の人が運んでくれるのではなく、物流を生業としている企業がお客様の元に商品を運ぶことになります。そのため、物流業はとても活性化しており、需要も高まっているのです。物流企業の中には忙しくなってきた為、管理をしっかりと行うことが困難な企業もあるのではないでしょうか。そのような企業は物流を管理できるシステムを導入することによって業務効率化が可能となり、今まで以上に管理がしやすくなります。
では一体そのシステムにはどのような特徴があるのでしょうか。特徴に関しては大まかに分けて4つあります。
一つ目は輸配送工程をトータルで把握することができる点です。システムを導入することによって輸配送計画を画面に一覧で表示することができ、また、絞り込み検索機能なども付いているので、管理者は確認したい計画をリアルタイムで把握することができます。
二つ目の特徴はガントチャートで視覚的に状況を確認できる点です。進捗状況などを一目で見ることができるので、管理者は計画と実際の輸送にズレが生じていないかなどを確認できます。
三つ目は履歴が確認できる点です。どのような走行ルートで配送されたのかや、作業の履歴を日付で確認できます。業務の見直しなどもすることができるので、今まで気づくことができなかった非効率な部分を改善できることもあり、業務効率化を期待することが可能です。
四つ目は渋滞状況を把握することができる点です。渋滞が発生し、渋滞に巻き込まれてしまうと予定配達時間より大幅に遅くなってしまう恐れがあるので、業務が効率的に回らないこともあります。
また、運転時間が長くなるので、運転手に負担をかけてしまうこともあるのです。しかし、システムを導入することによって道路交通情報をもとに渋滞を確認することができるので、渋滞の場所を避けるように管理者は指示を出してなるべく渋滞に巻き込まれないように対策を講じることが可能です。そのため、輸送効率化を実現することができるのです。
このように物流管理システムには多くの特徴があり、導入をすることによって管理者だけでなく、運転手の負担を削減でき、さらには業務の効率化を図ることもできます。

物流の管理のシステムを導入する際の業者の選び方

輸送管理システムを導入することによって物流業を生業としている企業において様々な課題を解決することができます。代表的な課題は大まかに分けて2つあります。
一つ目は荷主からの問い合わせや遅延などのトラブルを迅速に対応したいという課題になります。システムを導入することによって輸配送進捗から到着時刻を予想したり、輸送に関する様々な情報をリアルタイムで確認したりすることができるので、遅延が発生した際には素早い対策を講じることができます。対策を早めに取れることによって輸送サービスを向上させることができるので、お客様に今まで以上に満足してもらうことが可能です。
二つ目は業務を効率化したいという課題です。業務の効率化は従業員の負担を減らすだけでなく、人員の削減なども実現できるので、多くの企業が取り組んでいる課題になります。システムを導入することによって物流の一括管理をすることができるので、少ない人数で運転手に指示を出したりすることが可能です。そのため、人員を削減したり、業務の効率化を図ることができます。

物流の管理のシステムを導入する際の業者の選び方

物流管理システムの導入を考えている方の中にはどのように業者を選択したら良いのか分からない方もいるのではないでしょうか。業者の選び方のポイントは3つあります。
一つ目は素早く導入をしてくれるかどうかです。導入する際に時間や手間がかかると業務に支障をきたす恐れがあります。そのため、手軽に導入ができるところを選択したいと考えるのが一般的です。業者によっては専用車載端末を簡単に導入できるように工夫してくれるところもあるので、そのような業者を選択すると簡単に導入をすることが可能です。
二つ目は耐久性の高い車載端末を準備できるかどうかです。車載端末は車内に設置されることになるので、夏の季節などにおいては高温にさらされてしまうこともあります。しかし、業者によっては耐熱性、耐久性の高い車載端末を設置できるので、このような業者に依頼をすると故障などのリスクを軽減することが可能です。
三つ目は実績があるかどうかです。実績があるところにお願いをすることによって実績の数だけ経験があるので、初めて導入される方でも安心して依頼をすることができます。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

物流・運送業界も積極活用、実績豊富な運送管理サービスです
手間のいらない簡単運用な動態管理【docoですcar for NEXT】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )