0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

運行管理を楽にする方法

バスナビでバスの運行業務を効率化

運行管理をするためにシステムを導入することによって問題の解決を実現

日本では多くの企業が運行サービスを提供しています。例えばバスです。バスの運行サービスによって利用者は離れた目的地まで歩くことが少なく足を運ぶことができます。また運送トラックなども同様に、遠い地方に住んでいる方に荷物を届けてくれるサービスを提供しています。これらの業務に共通するのが運行管理です。運行業務を生業としている企業では運転手が荷物や人を他の場所まで安全に送り届けるために、運送状況の管理などだけでなく運転手の管理や点呼なども対応する必要があります。
このように多くの業務を行わなければならないので、運行サービスを提供している多くの企業では運行管理に何かしらの課題を抱いています。代表的な課題の一つとして挙げられるのが運転手の飲酒運転です。運転手の中にはお酒を飲まない方もいます。当然ではありますが、業務中にお酒を飲む運転手は通常では考えられません。しかし運転手の中には晩酌をする方や休日にお酒を楽しむ方も多くおり、もしかしたらアルコールが体内に残っているということも考えられるのです。そのため、多くの運行サービスを提供している企業ではアルコール測定器を準備して運転手の管理をしています。安心安全なサービスを提供するため、まだアルコール測定器を準備していない企業にもそのようなサービスを利用して測定器を企業内に取り付けてもらうことがより一層求められます。現在導入を検討している企業の中には、使用しているアルコール測定器を信頼することができないという方もいるのではないでしょうか。しかし運行管理システムを導入してくれる業者の中には精度が高い測定器を提供してくれるところもあります。誤認知などを抑制する機能も搭載されているので、そのような測定器を導入することによって正確にアルコールを測定できます。
その他に営業所が複数ある運行会社もあります。営業所が複数あると本部で効率的に点呼データを見ることができないこともあります。クラウドが搭載されている運行管理をチェックするためのシステムを導入することによって、点呼の実地状況を一元管理することができ、改ざんや抜け漏れなどを多方面で抑制することができるのです。なぜならもし運転手が事故を起こしてしまうと企業が被る損害はとても大きなものになるからです。その事故によって乗客が怪我をしてしまうこともあります。また荷物を輸送しているトラックで輸送している物が外に飛び出してしまい破損してしまう事態も考えられます。運行会社によっては危険物を運ぶ業務を請け負っているところもあるので、事故がおきると運転手だけでなくその付近を走行しているドライバーにも被害を与えてしまう可能性も考えられます。運行管理をするためのサービスを提供してもらうことによって運転手の運転のクセを診断できます。それによってドライバーの運転意識改革や運転技術の向上を期待することができるのです。

運行管理サービスによって運行状況や有事の際の対策も行える

運行管理を簡単に行うためのサービスの中には、トラックやバスの現在地の情報や状況をリアルタイムに知らせてくれるものもあります。現在地を知ることによって管理業務を効率化することが可能です。例えば突発的なお客様の要望が発生した場合に迅速に対応をすることができるため、お客様の満足の度合いを向上させることが可能です。さらに運転手が現在どこを走行しているのかを一目で確認できるため、もし新人の運転手が予定走行経路を外れた際にもすぐに指摘をして元の経路に戻すことが可能です。
リアルタイムで運行状況を知ることによって有事の際にも利用できます。災害などが発生した場合、車両管理業務を行っている方は運転手に適切な指示を出さなくてはなりません。対応が遅れてしまうと運転手が災害の被害で怪我をしてしまったり、輸送している人や商品を危険に晒してしまうこともあるためです。運行管理のシステムを導入することによってこのような有事の際にもリアルタイムの運行状況を知ることができ効率的に指示を出すことが可能です。

運行管理のシステムの中にはクラウド型のものもある

クラウドという言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。クラウドサービスは現在では様々な分野で使用されています。運行管理のサービスを提供してくれるシステムの中にもクラウド型のものがあります。クラウドであることによってどのような利便性があるのでしょうか。
例えばシステムの導入の際の手間を省くことができます。クラウド以外のシステムはパソコンの中にソフトウェアをインストールする必要があります。パソコンが一台しかない運行会社であれば手間が少ないですが、通常、運行会社には複数の端末があります。その端末全てにソフトウェアをインストールしなければならない場合どのような影響があるのでしょうか。ずばり導入に多大な手間がかかります。クラウド型のシステムを導入することによってその手間を大幅に削減をして、業務に支障なく取り入れることが可能です。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

「見やすい」「使いやすい」輸配送進捗管理サービスを実現
輸配送進捗管理の効率化でコストを削減【docoですcar 輸配送進捗管理サービス】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )