0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

物流管理業務を総合的にサポートするサービス

バスナビでバスの運行業務を効率化

リスク軽減と業績アップに欠かせぬ物流管理サポート

物流とは読んで字の如く、物すなわち商品あるいは製品が無数の経路を通って目的地へ運搬される、今日の経済社会上必要不可欠な「動き」の総称だと捉えられます。例えばAさんからBさんに1つの荷物の配達を第三者に委ねる場合、そのルートも運搬方法は当然複数の設定が可能であり、途中複数の人から人へのバトンタッチが行われるのが一般的です。こうした業務を主とする物流業界が急成長を見せたのはやはり、今は懐かしい昭和の高度成長期、全国各地の交通網の整備が一気に進み、モータリゼーションなる言葉が飛び交った時代に遡ります。
ですが当時はまだまだ電話などの通信機能面の普及はようやく、黎明期を脱して程無く、物流業界全体もまた未熟な部分が多々見られました。上記の流れで荷物が運搬されるに際し、破損や紛失などの事故や誤配や遅配など、人為的原因が否めぬアクシデントの発生率は現在とは比較にならない程高かったのです。
その後更に時代の流れと共に、いわゆる「管理」の重要性がより着目され、それに応えるさまざまなノウハウの構築とシステムの導入を通じ、先に述べたさまざまなリスクの大幅な軽減が叶っています。何よりこうしたリスクの軽減は、賠償や事後処理などに費やされる無意味な経済的負担や労力のカットから結果として自社の業績アップへと繋がります。今日、各社が独自の物流管理に努力されていますが、同分野でトップクラスの専門家のサポートを仰ぐ選択肢がやはり見逃せません。世の中が「より速くより確実に」を強く求める時代だからこそ、取扱品の流れに関し、リアルタイムで現状確認が叶う環境整備が欠かせないのです。特に企業経営者にはこの機会に今一度、ご自身の所属する企業の物流管理システムを再検証する必要があります。

求められる高度な専門性と総合性を満たすサービス

物流業界に携わる全ての方々に求められるのが「事故発生率の抑制」「業務の効率アップ」「コスト削減」更には近年一際その声が高まる「コンプライアンスの遵守」です。ですがどれだけ各種ハード面の性能が優れていたとしても、それらを操るのが私達人間である以上、各々を100点満点でクリアする事は現実不可能であり、何らかの対策を講じておく必要が見逃せません。
こうしたいわゆる人為的ケアレスミスに起因するトラブルの防止にはやはり、信頼出来る第三者機関の力添えが欠かせません。自社内で自分達だけでどれだけ努力したとしても、複雑多様化の加速度が増す一方の同業界内で発生が想定されるリスクに対し、十分な備えは期待できない事を、特に経営者各位は冷静に受け止めたうえで然るべきサポートを受ける体制を整備すべきなのです。
実際に圧倒的な実績と独自のノウハウが評判の、こうしたサポートサービスを提供する業者のサイトにアクセスすれば、自社の優れたシステムに関し、詳しい説明が閲覧出来ます。勿論同業界ならではの専門用語が多数登場する記述も見られますが、より幅広い方々に少しでも理解いただくべく、できる限り噛み砕いた表現や配信が用いられていますので、隅々まで熟読してみてください。必ずあなたの会社が必要としているサポート内容と合致するサービスとの遭遇が叶います。
いざ第三者機関のサービス提供を受けるとなれば、当然一朝一夕で結論を急ぐ訳には行きません。社内で幾度も十分な検討を重ね、何より相手先の専門業者と信頼関係の構築が不可欠です。更なるリスク軽減の必要性を実感されておられる方は、少しでも早く初動を起こされた方が良いでしょう。

圧倒的な導入実績が物語る信頼度

各方面から多くの情報を収集から検討を通じ、物流管理業務のサポートを仰ぐ、最終候補となる業者が幾つか出揃ったのであれば、いよいよ最終段階へと自社内における作業も大詰めに近づきます。これまでの真偽検討作業を通じ、専門的な知識もそれまでと比較していらっしゃるこの段階だからこそ、今一度候補となる業者の実績面に視線を向けられる事をお薦めしておきます。
当初こうした一連のサポートの必要性を漠然と感じられた段階で目にされた、各社が謳う自社の優れた実績を、最終段階で再検証されれば、より冷静かつ的確な判断に繋がります。馴染みの無い専門用語と数値で示されたデータに、単純にメリットを並べた各社が誇る実績も、相応の専門知識を有して見直せば、より冷静に自社のニーズとマッチングの見極めが可能となります。
こうした皆様方が設定された厳しく高いハードルをクリアする専門業者には、次に挙げるメリットが明確に確認できます。「専門性と総合性が両立できている」「幅広いニーズに柔軟に対応可能」「サポート体制の充実」そしてこれらに裏打ちされた「誇張の無い実数での導入実績」が揃っていることが特徴です。
自社の物流管理を委ねる事は、ある意味自社の命綱を預ける行為とも表現できる程、その決定から実践に際しては細心の注意と冷静な委託先業者の選択作業が不可欠です。十分な検討作業に要する期間を逆算すれば、初動に関しては「善は急げ」である点をご理解の上、先ずは社内に於ける十分な討議から着手してください。正しい選択こそが大幅な業績アップへの第一歩なのです。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

docomoの動態管理サービスは幅広いニーズに対応可能!
選ばれ続ける動態管理サービス【docoですcar NEXT】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )