0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

物流のための管理サービス

物流のための管理サービス

動態管理サービスが物流の様々な業務の課題を解決または軽減してくれる

現在、日本や世界において物流の存在は欠かすことができないものとなっています。多くの消費者は街中の店舗などで商品を購入するだけでなく、今では通販サイトなどを利用することができるため、サイトから商品を購入している方もいるでしょう。サイトから商品を購入するとその商品を自宅まで運んでもらうことになります。物流があることによって商品を自宅まで届けることができるので、物流の役割は大きくなっています。現在では物流を営んでいる企業はとても多くあります。その企業の中には業務に関して課題を抱えている企業も少なくないでしょう。今では管理サービスを提供してくれる業者があります。この管理サービスを用いれば物流を営んでいる多くの企業が抱える課題を解決することができます。ではどのような課題を解決することができるのでしょうか。
例えば見えない現場での管理業務の環境を改善できます。基本的に荷物を運ぶ人はトラックなどを運転して目的地まで輸送することになります。そのため、管理業務をしている方はトラックの現在地などを把握することができません。動態管理サービスを利用することによってトラックなどの車両の現在地をリアルタイムで把握することができます。管理業務をしていると突発的なお客様の要望にも対応しなければならないこともあります。柔軟に対応することができるので、お客様の満足度に関しても向上が期待できます。日本は災害などに見舞われる危険性が他の国に比べて高くなっています。代表的な災害としては地震です。地震は天候とは異なり予報をすることが比較的難しくなっているので、事前に把握できずに突発的に発生します。微震に関しては常日頃日本の各所で発生していますが、時には甚大な被害をもたらす大きな地震も発生することになります。日本の企業はこのような有事の際にもしっかりと対応して業務を続けたり、すぐに復旧することができる体制を整えておくことが求められるでしょう。動態管理サービスを利用すればこのような有事の際にも業務復旧などをしやすくなります。
管理者は車両の現在位置を把握できるため、有事が起きた際にも現在地を確認してどこに逃げれば良いのかなどの指摘を運転手にすることができます。また、車両に何か不具合があった際には他の車輌を現場に向かわせて業務復旧を行うことができます。
有事の際の対応だけに留まらず、コストの課題も解決することが可能です。システムを導入すれば走行ルートなどの確認もすることができます。もし、走行の効率が悪い際には走行ルートを見直して効率的に輸送できるルートを模索したり、見直したりすることが可能です。効率的に輸送できる環境を整えることによって稼働効率の向上や燃費改善などを期待することができるので、コスト削減をして効率的に業務を進めていくことができます。このように多くの課題を解決できる可能性があるので、この機会に導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

輸送する従業員の管理も行える

物流を長く続けたり効率的に行っていくためには輸送する従業員の管理も必要になるでしょう。システムを導入することによって運転手の管理も行うことが可能です。
例えばアルコールチェックです。現在では飲酒運転は罰則が厳しくなっているので、企業の中にはアルコールチェックをするために測定器を導入している物流会社も多くいます。もしドライバーが飲酒運転などしていると企業の存続が危ぶまれることもあるでしょう。現在ではアルコールを測定する測定器はとても多くあります。点呼サービスを利用することによって検出制度の高いアルコールチェック測定器を取り入れることができるので、ドライバーの飲酒運転の心配を軽減することができます。会社の信頼を守るためにもぜひ活用しましょう。

サービスを受けてシステムを導入しよう

管理サービスを実現してくれるシステムは多くの業者で販売していますが、どのような製品を選択すれば良いのかわからない方もいるでしょう。例えば導入実績がある業者が提供するシステムを導入する方もいます。導入実績がたくさんあることによって信頼性が高くなるため安心してサービスを利用することができます。
製品の中にはクラウドサービスを提供してくれるところもあります。クラウドサービスを利用することによって業者がセキュリティなどを代わりに行ってくれるのでメンテナンスやセキュリティ向上にかかる手間を大幅に削減することが可能です。基本的にサービスを利用する際には問い合わせや資料請求などを行って利用することになります。業者によってはホームページからも対応してくれるところもあるので、パソコンから問い合わせをしたり、資料請求をすることが可能です。電話での問い合わせも受け付けてくれるところもあります。
導入を考えている企業や管理者はまずはインターネットで調べてみてはどうでしょうか。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

導入実績13,000件以上!動態管理のエキスパート「ドコモシステムズ」のサービスはこちら
動態管理サービス【docoですcar NEXT】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )