0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

バスナビを導入するメリットや選び方

バスナビを導入するメリットや選び方

バスナビを導入することでお客様の満足度の向上が期待できる

バスナビを導入しようと思われている運行会社もいるのではないでしょうか。バスナビを利用することによってバスを運行している企業が、業務をする上での課題や問題を解決できることもあります。現在バスは人々の生活に欠かすことができないものとなっています。バス停などは地方においても点在しているので、病院に行かなければならないお年寄りや会社に出勤するために利用している方もいます。そのため、多くの方が利用している公共交通機関になります。
運行会社はバスの乗客の方を乗車させて目的地まで送り届けることが主な仕事になりますがそれだけでなく、運行しているバスを管理するのも業務の一つになります。運行会社が担う業務は多岐に渡っているので業務を軽減するために、運行会社が抱える課題を解決するためにバスナビを利用していたり、購入を検討されている方はとても多くいます。バスナビは運行を管理している従業員にも多くのメリットを与えてくれますが、それ以外にも利用するお客様にメリットを与えてくれるのです。ではバスの利用者はどのようなメリットを得ることができるのでしょうか。
例えば遅延を利用者に知らせることができます。バスは電車に比べて遅延する可能性が高くなります。電車は線路に沿って運行するため、障害物がほとんどありませんし、一般の人が線路に居る状況は少なくなっています。しかし、バスが走る道路には当然ではありますが普通自動車も走っています。また、救急車などの緊急車両が走ることもあるでしょう。そのため時には停車したりすることを余儀なくさせられることもあります。また、電車は利用する際に乗車料金を支払いますが改札口を通過する前にお金を支払って利用することになります。しかし、バスにおいては乗車する際には整理券を発行してもらい、それを受け取り乗車します。また、下車する際にはバスの前方に設置されている精算機を利用してお金を支払うことになります。お客様の中には何らかの理由で支払いが遅れてしまいバスの遅延の原因になることもあります。バスが遅延するとバス停で待っている方がどのぐらい到着に時間がかかるのか把握することができません。しかし、バスナビを導入すればバス停で遅延しているバスを待っているお客様は手元のスマートフォンなどを利用すれば現在、バスがどの地点を通過しているのかを確認することができます。バスの現在地を把握することができるので、待っているバス停から遠くの道を走行しているのであればタクシーや電車に乗り換えて目的地まで遅刻することなくたどり着くことができます。また、バス停付近を走行しているのであれば現在地を把握できるため安心して待って目的地まで乗車することが可能となります。

バスナビは災害などが発生した時でも助けになってくれる

日本は地震大国と言われています。過去を見返してみても、まだ記憶に新しい大きな地震はいくつもあります。地震によっては甚大な被害をもたらしたものもあります。運行会社の中には災害が起こった際の対策が不十分なところもあるでしょう。災害の対策がしっかりと行われていなければ業務の普及が遅れることもあります。業務の復旧が遅れれば当然ではありますが営業利益が低下することもあります。
バスナビを導入することによって災害が発生した際でも運行管理をしている方がバスの現在位置を把握することができるので、的確な指示をドライバーに告げることができます。近くに避難所などがあればそこに避難させて被害を最小限にすることも可能です。また、被害が少ないのであればすぐに復旧して業務を再開することも可能です。このようにバスナビを導入することによって有事の際の対策も行えるので、導入されていない企業は購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

バスナビの製品の選び方

現在では運行会社の業務を軽減してくれるサービスは多くあるため、バスナビを提供してくれる業者は多くあります。業者が提供してくれる製品には違いがあるため、自社に適している製品を取り入れるためにも製品の選び方のコツを参考にして購入を考えてみてはいかがでしょうか。
製品の選び方のポイントは導入のしやすさです。導入がしやすいことで通常の業務に支障を与えることが少なくなります。製品の中にはクラウド型サービスのものもあり、パソコンでのシステムのインストール作業などが必要ない製品もあるため、このような製品を購入すれば導入にかかる手間を少なくすることができます。
その他のポイントとしては運用のしやすさです。製品によっては定期的にサーバーのメンテナンスが必要なものもあるでしょう。クラウド型サービスの製品を取り入れればサーバーの保守などは業者が行ってくれます。また、バスナビは地図の更新などをして最新の道路地図を表示するのが一般的ですが、その更新に関しても運行会社が行う必要がなく、きちんと更新してくれます。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

バスの運行状況を低コストで徹底管理
ドコモ品質のクラウドバスナビサービス【docoですcar for BUS】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )