0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

業務を効率的に!運行管理のメリットを紹介

業務を効率的に!運行管理のメリットを紹介

業務の効率化を進めることができる

運行管理を導入することによって、まず配車をスピーディに正確に行うことが可能です。たとえば、最近出ている運行管理システムの中には、GPSなどを使ってロケーション情報を一手に把握できるようなものもあります。すると車両のその時点の位置情報をリアルタイムで把握することができるので、配車をスムーズに行えます。集荷や配達を正確に行えるようになれば、売上アップに貢献するかもしれません。
その他にも車両のアウトソーシングを行っている企業は、取引先に効率的な配車を実現できるので顧客満足度を上昇させ、信頼関係を構築できるでしょう。その話がいろいろな会社に伝わり、さらなるビジネスチャンスにつなげることも可能です。
また、現在出ている運行管理システムの中には、デジタコと連動して車両の運行データをデータベースなどに記録できるような機能を搭載されているものもあります。このデータを駆使すれば、コストカットに貢献できるかもしれません。たとえば燃料の消費状況も把握でき、もし必要以上に燃料がなくなっているのであればその原因を特定し、改善する方向に持っていくことも可能です。運輸業界の場合、日報などの台帳類や管理帳票などを作成する必要がありますが、システムを利用すれば自動的にコンピューターの方で作成してくれるものもあります。そうすれば、人の手で行うべき作業が軽減されるので業務の効率化を図ることも十分可能です。

ドライバーの安全管理なども行える

運行管理システムを導入することで、運転日報の作成も大部分がコンピューターで実施してくれます。それまでドライバーが行っていた部分の負担がかなり軽減できます。システム導入すれば、出発地と目的地の他にも走行距離やETCをいくら使ったのか、燃料はどうかなど細かなデータも取得することが可能です。しかもコンピューターのデータなので、ドライバーの運転実績を正確に把握できるようになります。
よりしっかりとドライバーの労働状況を把握できるので、過重労働などの法令違反対策としても有効といえます。運送や運輸などのドライバーを使う業界は慢性的な人材不足の状況に陥っていて、労働環境が過酷になってしまうこともあります。運行管理システムを導入することで、ドライバーの安全を第一に考えたシステムを構築することができ、それも安全性を追求している会社としてのアピール材料にもなりえます。
ドライバーの安全対策強化のために運行管理システムを活用することも可能です。たとえば、それぞれのドライバーの運転データなども保存できるようなシステムもあります。具体的には、スピード超過になっていないか、急発進や急ブレーキのような危険なドライビングを行っていないかもシステムを介して監視することができます。もし問題のある運転をしているドライバーがいれば、安全運転のための研修を受けさせるなど事故を未然に防ぐことができます。また、急発進や急ブレーキをかけ続けると自動車の磨耗も進みますし、ガソリンの無駄な消費につながりかねないのでその意味でも指導を早目に実施することはメリットがあるといえます。
運転スキルの向上、さらにエコドライブをドライバーに徹底教育することも可能になります。

複雑な運行業務も確実に行える

運輸業界では運行計画を立てる必要があるのですが、効率的で最適な運行計画を立てるためには、熟練のキャリアを持った人が必要とされます。配送日時と場所、最適なルートはどこか、積載量はいくらで運搬するのに最適な車種は何か、など様々な要素を考慮する必要があり、幅広い知識やスキルを持っていないと最適な計画を立てることは難しいのです。しかし、このような運行計画を立てられるハイレベルのスキル・キャリアを持った人材は、そうごろごろ転がっているわけではないのです。人材の確保で苦戦してきた業者も多いです。
しかし、運行管理システムを導入すれば、シミュレーション機能などを駆使することで、このベテランでないと作成の難しかった複雑な運行計画業務をすることが可能になります。しかもたとえば、なんらかのキャンセルが発生したなどのアクシデントが起きた場合でも柔軟に対応することができるようになります。システムがキャンセル情報に基づき速やかに計画変更をして、それに基づき該当するドライバーにメールなどを使って変更内容を通知します。しかも運行管理システムの中には、運行内容の変更を行ったことでドライバーの運転計画が法令に違反することはないかなどもシステム自身でチェックを進めてくれるような機種も存在します。
これを人の手で担当するとなると、時間も手間もかかるでしょう。効率的に運行計画を立てることができるのは、事業を運営している人にとっては心強く感じられるでしょう。しかも運行計画に基づくドライブ実績のデータも集まり、それがフィードバックされます。そしてその情報に基づき、今後のより良い運行計画立案のために活用されます。運行管理システムを導入することによって、このように多方面から業務のアシストをしてくれます。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

ドライバーの負担0!自動でできる輸配送サービスはこちら
クラウドでできる輸配送進捗管理【docoですcar 輸配送進捗管理サービス】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )