0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

運行管理の業務を効率化するためにシステムを導入しよう

運行管理の業務を効率化するためにシステムを導入しよう

運行管理を効率化するために動態管理システムを導入しよう

運送業務を仕事としている企業の中には今よりも運行管理業務の負担を軽減したいと思われている方もいるのではないでしょうか。現在では通販サイトなどが豊富にあるため、そこを利用して購入する方が増加しており、運送を仕事として企業の中には多くの業務に追われているところも少なくありません。運行管理の負担を軽減したい企業は動態管理のシステムの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。動態管理のシステムを導入すれば今までの業務の負担を軽減することができます。また、運送企業が抱える課題なども少なくすることができるでしょう。例えば動態管理システムを導入することによって業務の効率化を図ることができます。導入をすればリアルタイムで運行状況を確認することができます。つまり、どの位置にトラックや運送車両があるのかをパソコンの画面から一目で把握できるのです。リアルタイムに車両の位置を把握できれば突発的なお客様の対応にも柔軟に対応することができるので、業務効率化を図るだけでなく、お客様からの満足度も向上し営業利益を伸ばすことも期待できるでしょう。
また、有事の際にも迅速な対応を取ることができるというメリットも存在します。近年の日本では微震も含めると頻繁に地震が起こり、何時どのような大きな地震が発生しても不思議ではないとされています。現在ではスマートフォンなどに緊急地震速報などが流れるため、その音を聞いて咄嗟に車両を停めることができるでしょう。しかし、地震に関しては数時間前から予測することが難しいとされているので、企業においては地震が起こった後の対応が求められます。もし対応が遅れればお客様に輸送する商品が遅れてしまう可能性もあります。そのため、お客様に迷惑をかけることあるでしょう。
また、適切に対応できなければ復旧に時間がかかるため、業務に支障をきたす可能性もあります。動態管理ができるシステムを導入すれば車両の位置や状況を把握することができるため、運行管理スタッフは輸送している従業員に正しい支持を伝えてなるべく早い業務復旧を臨むことができるでしょう。また、従業員を安全な場所に移動させて従業員の安全を確保することもできる可能性があります。

従業員の運行管理について

運送企業においては荷物を正確にお客様のもとに届けるだけでなく、従業員を管理して健全な業務を実現しなければなりません。運送企業の中には今使用しているアルコール測定器の信ぴょう性に疑いがある方や点呼業務の改善をしたいと思われている方もいるのではないでしょうか。もしドライバーの体内にアルコール基準値よりも多くの量が含まれていれば企業の信頼性が低くなります。企業の中にはそのドライバーを注意するだけでは済まされない可能性もあります。そのような事態を避けるために確実なアルコール測定器を導入することが求められるでしょう。点呼管理システムを導入してくれる業者によっては精度の高いアルコール測定器を提供してくれます。誤検知を抑制する機能なども搭載されているので、従来のアルコール測定器よりも正しい値で計測することができます。もし、正確な値で未然にドライバーの運転を防げば企業が受けるダメージは少なくなるでしょう。
また、システムにはIT点呼機能が搭載されています。この機能を利用すれば点呼拠点を集約することができるので、夜間時間帯など様々な時間帯の運行管理の無駄を削減することができます。また、システムはクラウド型になります。そのため、営業ごとの点呼データを可視化することが可能です。可視化することによって実地状況を管理者は手間なく把握することができます。また、クラウド型を導入すればデータの改ざんや漏えいの防止なども期待することができるでしょう。

運行管理のシステムの製品の選び方のコツ

運行管理のシステムは複数あるので最後に製品の選び方のコツを紹介します。コツとして挙げられるのが設置が簡単かどうかです。もし導入の際に多くの時間がかかると通常業務に支障をきたす可能性があります。なるべく簡単に設置でき、通常業務がいつも通り行える製品を選択するようにしましょう。その他のコツとしては専用ソフトなどが必要ないかどうかです。運送企業には複数のパソコンがあるのが一般的になります。もし、専用ソフトが必要な製品は一つ一つに製品をインストールしなければならないので手間がかかる可能性があります。
また、パソコンの台数が多ければ多いほど導入に時間がかかるでしょう。製品の中にはインターネットに接続できる環境があれば専用のソフトをインストールしなくても導入できる製品もあるため、アプリケーションのインストールなく使用することが可能です。また、製品の中にはメンテナンスなどが必要ないため、地図の更新やサーバー保守などの必要がないものもあります。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

リアルタイムで輸配送状況を「見える化」することができます!
運行管理をクラウドサービスで管理【docoですcar 輸配送進捗管理サービス】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )