0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

バスナビを導入しよう

バスナビを導入しよう

バスナビを導入することによって得られるメリットとは!?

バスの運行サービスを提供する会社の中にはバスナビを導入することを検討している会社もあるでしょう。バスナビはバス運行会社の業務の負担を軽減してくれたり、お客様のサービスの満足度を高める可能性があります。そのため、導入することによって多くのメリットを得るでしょう。例えばバスの現在地を一目で確認することが可能になります。これによりお客様の満足度を高め同時に利便性も向上させることができます。
バスは電車と比べて悪天候や道路状況の影響を受けやすく、遅延の可能性が高くなっています。また、昔ながらの乗り方としては、電車では料金を改札口前の切符販売機で支払い、切符と交換することになります。一方でパスでは多くが後払いで、乗車する時に整理券を受け取り、目的のバス停に到着してバスを降りる前に料金を支払うことになります。後ろの席に座っている方が降りる際にはバスの運転席まで足を運びそこで支払うことになるため、料金を支払うのに時間がかかることもあります。また、お客様の中には鞄からなかなか財布が見つからずに料金の支払いが遅くなってしまう可能性もあるでしょう。
バス停で待っているお客様もいます。バス停で待っているお客様の中には会社に出勤するためにバスの到着を待っている方もいるでしょう。また、友達との待ち合わせ場所に向かうために待っている方もいます。もしバスの到着が予定時刻よりも遅くなってしまうとお客様はいつバスが来るのか、時間通り目的地の場所に到着できるか不安を抱えてしまう恐れがあります。
バスナビを導入すればバスの現在地などを知ることができるので、バスが今どの位置を走行しているのか知ることができます。それによって大幅に遅延する可能性があると分かれば電車やタクシーに乗り換えて対応していただくことで、目的地に時間通り到着することができます。バスの運行情報を知ることによって目的地まで交通手段を柔軟に変更することができるので、お客様の満足度や利便性が向上する可能性があります。
バスナビを導入することで災害や緊急事態に遭遇した際にも管理者は運転手に適切なアドバイスをして業務を早く復旧することができる点もメリットになります。日本では様々な災害が起こります。台風に関しては事前に天気予報で確認できるため、猛烈な台風が直撃する可能性がある際は事前に運行をしないという選択肢を取ることができます。しかし、地震やゲリラ豪雨による土砂災害などは予測が難しくなります。特に地震に関しては観測の中でも予測が難しく、有事が起こってからの対策が求められます。
バスナビを利用することで、バス運行会社の管理業務をする従業員はバスの運行状況や現在位置を把握できるため、業務復旧のためにバスの運転手にアドバイスをして迅速な対応をすることができます。また、迅速な対応をすることで乗客が災害で危険を被るリスクを下げることができるので、お客様の安全も確保できる可能性があります。

バスナビ製品の選び方のポイント

バスナビの製品は日本には複数あるため、バス運行業務をしている会社の管理者の中にはどのような製品を購入すれば良いのかわからない方もいらっしゃるでしょう。製品選びにはポイントがあります。
ポイントの一つとして挙げられるのが導入する際の手間が少ない製品を選ぶことです。導入する際に時間がかかったり手間がかかると通常業務に影響を及ぼす可能性もあるでしょう。製品の中には専用ソフトが不要なものもあります。パソコンの台数が多ければ多いほど専用ソフトのインストールに手間と時間がかかりますが、製品によってはインターネットに接続できる環境があればパソコンからブラウザを立ち上げ特定のURLにアクセスするだけで運用できるものもあります。
その他のポイントとしては運用時の手間が少ない製品を選ぶことが挙げられます。バスの現在地を表示するためには地図データの更新やサーバーの保守が必要になりますが、製品によってはそれらが不要なクラウドサービスを提供してくれるので、運用の際の手間を少なくできるものもあります。

運行管理のシステムの製品の選び方のコツ

バスナビを導入する際には製品だけでなく、業者も選択することになります。初めて導入を検討されている方の中には不安を抱いている方も少なくないでしょう。業者の中にはバスナビの導入に多くの実績があるところもあります。実績があれば利用者が多いことになるため、初めての方でも安心して導入することができるでしょう。
また、料金に不安がある方のためにレンタルサービスを提供してくれるところもあります。レンタルサービスを利用すれば製品を購入するよりも安い価格でシステムを導入できるので、一度導入してどのようなシステムを利用できるのかを試してみても良いでしょう。そして、大手のクラウドサービスであればセキュリティー面に関しても比較的安心して使用できるでしょう。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

「いつでも」「どこでも」スマホからバスの運行状況を簡単に確認できます
バスの位置情報を把握できるバスロケサービス【docoですcar for BUS】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )