0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

車両管理システムを導入する数々のメリット

車両管理システムを導入する数々のメリット

車両管理システムとはどんなものか

一般的にはなじみのない車両管理システムですが、これを利用しているのは物流関係の会社が多く、車両管理システムとは運転者や車両を安全に管理する為のシステムです。このシステムはコンピューターを搭載した機器や、クラウドなどのシステムを使う事によって、完全に自動化できるもので、正確に運転者や車両の状況が把握できるという技術なのです。このシステムは、昔から行っていた運転者の記録日誌の延長のようなものですが、細かく記録が出来る上に、色々な情報を正確により確実に把握できるために、近年、主力となって使われているのです。
コンピューター機器で行われている為に、人の手を介さず改ざんもしにくい為、そうしたトラブル予防にもなっており、管理がきちんと行われますので、運転者の過労も把握でき、未然に事故を防ぐこともあって、大きな企業以外にも仕事で車を使う業種の会社では、現在主流のシステムとして選ばれています。このシステムのメインは、車両の把握ができるという事で、各車両の使用状況やその頻度、車の状態、いつ整備が行われて部品交換はどの部分をしたのかなど、リースであればその契約状況などもこのシステム下にある管理台帳にすべて記録もされているわけです。このシステムのいいところは、普段これらの車両を扱っている運転者に成り代わって行いますので、その分運転者の負担が軽くなり、本来の業務に集中できる事から、会社側も運転者の状況を集中してみる事もでき、運転者も運転日誌や自己管理に集中できるため、自ずと未然に事故を防ぐ事になります。また、これらの情報を社内全体で共有できるために、トラブルがあって運転者が業務を遂行できない状況になったとしても、運転者の交代がスムーズに行われるので安心です。

車両管理システムを使ったコストダウン

この車両管理システムを使う事で、様々な経費を削減できるために、会社にとっては大きなコストダウンにつながります。例えば車両保険の見直しをする事で保険代や整備費の節約に繋げたり、ガソリンスタンドとの契約で価格を下げる方法もあります。また、エコドライブの実施で、自然環境に優しいだけでなく、会社全体のイメージアップにつながりますし、エコドライブ自体が省エネに直結している為に、アイドリング停止やエアコンの節約をはじめ、運転者に安全運転のマナーを徹底させることで、無理な追い越しやスピードの出し過ぎ、意味のない空ぶかしなどが行われなくなり、結果としてこれらが省エネにつながってくるわけです。これは決して経費削減だけが目的ではなく、安全運転を敢行できるために、未然の事故防止にもつながっています。
保険に入っていれば車両保険で支払われますが、その過程において会社での管理体制や管理責任の追及、事故後の処理に関わる人出の問題やその処理の問題に、大きく手を煩わされることも考えられるわけで、訴訟問題にまで発展すれば、ただの事故では済まされません。また、これらに会社の不備が指摘され、ニュースにまでなると、会社のイメージダウンは果てしなく大きなものになる事でしょう。このシステムによって事故を完全に無くす事は不可能ですが、限りなく少なくすることは出来ます。事故の件数が少なくなれば、それだけ運転者の安全も確保されるわけで、それが直接経費の削減にもなっていくのです。また、これらのシステムの一部を代行してくれる業者もあり、BPO『ビジネスプロダクトアウトソーシング』と呼ばれています。全てを代行してくれる業者は、CMS『カーマネジメントサービス』と呼ばれており、一括した管理が主な役割です。

車両管理システムを代行してくれるサービス

車両管理システムを代行してくれるサービスは、おおまかに3つのタイプに分ける事ができます。1つ目はシステムの一部を代行してくれるサービス、2つ目は車両管理の全てを代行してくれるサービス、そして3つ目は、管理に使われるシステムそのものや、ソフトウェアを提供してくれるサービスなどが挙げられます。これらの内容を詳しく見てみる事にしましょう。まずはシステムの、全ての管理を代行してくれるものは一般的に『CMS』といわれるものです。これは車両関係を全て管理してくれるサービスで、車両の安全と品質を維持してくれるほか、リアルタイムな情報やコスト面を管理してくれるほか、トラブルが行った際にサポートも行ってくれるものです。当然導入費用もそれなりに掛かりますが、全体的に見ればコストダウン+安全も買えるものと考えるのが基本でしょう。
次に管理の一部を代行してくれる業者は、『BPO』といわれるサービスです。インターネットを使う事で、WEB上での迅速な一元管理を行い、システムを導入してくれるサービスと同時に、そのサポートが主な業務で、定期的にメールで報告してくれるサービスなども行います。最後の3つ目は、システムやソフトの提供を行ってくれるサービスで、管理台帳のソフトウェアやクラウド上で管理できるシステムを提供してくれるサービスです。ソフトウェアだけの提供サービスですので、これを管理するのは自社で行います。ソフトウェアに対するサポートはありますが、あくまでも管理するのは会社側です。ソフトだけの提供ですので、有料でも安いものがあり、定額制のシステムもあります。また、無料のフリーウェアソフトもあるようです。管理体制の劣化は致し方ありませんが、試験導入としてはいいのではないかと考えます。

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )