0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

大型車の交通事故防止と安全運転支援サービス

大型車の交通事故防止と安全運転支援サービス

大型車の事故原因

トラックをはじめ大型車の交通事故が後を絶ちませんが、その交通事故の中には、歩行者の列に突っ込んで何人も死傷者が出てしまうというような悲惨なケースもあります。スピードを出しすぎていてカーブで曲がりきれなかったり、急病や持病の悪化で気を失ってしまったり、障害の影響で冷静な判断ができなくなったりと、交通事故の原因は様々あります。
特に気をつけたいのが、スピードの出しすぎです。トラックなどで車両に重たい荷物を載せて走行している時は、カーブを曲がる際には十分な減速が必要となります。また、急病などが原因で起こる事故もあります。健康管理には気をつけ、体調に異変を感じたら、すぐ車を安全なところで止めて休むことが大事です。中には拘束時間が長かったり、無理なシフトであったりと労働条件が良くなく問題になるケースがあります。大事故が起こるたびに、これらのことがクローズアップされがちです。
大型車の事故で多いのが、追突による事故です。追突の原因になる状況は事故を起こしたドライバーにより違いますが、居眠り運転やぼんやりしていたなど、睡眠不足や緊張・過労などからくるストレスや労働過多が疑われるケースがあります。長時間労働は、事故につながる危険性の多い働き方ですので、適度に休憩を取ることが大切になります。
その他にも、大型車における他の事故原因として多いのが、わき見運転による事故です。よくあるのが、スマホや携帯電話に気をとられていた、あるいは、伝票を見ていたなどの作業しながらの運転です。たとえスピードを落としていても、大型車がわき見運転で追突してしまうと、想定しているよりも甚大な被害をもたらしてしまうことがあります。事故防止のためにも、何かを作業しながらの運転は極力控え、確認したいことがあるなら、安全な場所で車を止めてからの方が賢明でしょう。

先進安全自動車(ASV)の開発

近年、技術の進歩によって、事故防止力を高めるための車両システムが開発されてきています。先進技術を取り入れ、ドライバーの安全な運転を支援する車両システムを搭載した自動車を、先進安全自動車(ASV)といい、研究・開発が進められています。
実用化に至ったシステムの一つに「衝突被害軽減ブレーキ」があります。前方の車両または障害物との衝突を予測して、警報を出し、衝突による被害を軽減するための制御システムです。この「衝突被害軽減ブレーキ」を大型トラックに導入し、なおかつ衝突速度を落とすことにより、被追突車両の死亡件数を減らすことが可能とされています。
また、日本では、ドライバーが急病などの健康状態の悪化で、運転を続けることが困難になったケースを想定した「ドライバー異常時対応システム」のガイドラインが策定されています。「ドライバー異常時対応システム」は、ドライバーが正常な運転が困難になった時に、ドライバーの異常を検知するか、または乗員・乗客が非常停止ボタンを押すことにより車両を自動的に停車できるシステムのことです。検知の方法はシステムが異常を判断する自動検知タイプと、ドライバーが自分で異常を知らせる押しボタンタイプ、乗客が異常に気付いた場合の同乗者押しボタンタイプの3つがあります。さらには、システムの誤作動や乗客の悪戯も想定しており、運転手に異常がない場合は、運転手が作動警報の解除ができることや、急な速度減に対して備えられるように、音や表示などで注意喚起を促すための同乗者への報知なども盛り込んであります。
先進安全自動車(ASV)普及には世間の周知も必要であり、また、バスなど大型車に積極的に導入してもらうためにも、購入を補助するなどの金銭面での支援の継続が一層求められるでしょう。

企業が提供する安全運転支援サービス

安全運転を支援するためのサービスの中には、クラウドを用いたサービスを行っている企業もあります。どういうものかというと、車両の位置や状態をリアルタイムで監視することができる動態管理や、車両に搭載されたドライブレコーダーやスマホのGPSなどを利用して運転状況を記録し、クラウドでそのデータを管理する安全運転支援があり、事故防止に役立てられそうです。トラックなどの大型車では、GPSで車両の位置を把握し、輸送の進捗状況をリアルタイムで管理できるサービスがあり、輸配送サービスの品質面から業務を効率化する上で活用できるでしょう。また、サービス開始時から蓄積してきたノウハウを元に、様々な業態や企業に合わせたサービスの提供を行っているのも特長であるといいます。顧客に対するフォローは、サービスを利用するにあたっての利用方法、不具合、修理、契約内容を相談する窓口があります。
また、昨今では厳しくなってきているセキュリティの管理に対しても力を入れており、契約している顧客の個人情報や機密情報の漏洩防止に厳しく努めているそうです。このクラウド利用したサービス以外には、GNSS機能付きAndroidタブレットを利用した車両運行管理システムがあります。車両のダッシュボードにタブレットを設置するだけで、車両を扱う事務所または会社では車両の位置を地図上で把握して、車両の最新状況をつねに確認することができます。車両の安全管理や効率的な運用ために期待できそうなシステムです。他にも、車両運行管理システムはまだ色々なものがあります。事故防止や作業の効率を念頭に置いた、車両運行管理システムのサービスは、これからも技術の進歩と共に注目されていくことでしょう。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

事故ゼロを目指そう!コスト削減やドライバーの意識改革に役立ちます
クラウド型の安全運転支援サービス【docoですcar Safety】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )