0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

車両運行管理における現場点呼管理の問題点

車両運行管理における現場点呼管理の問題点

理想的な現場点呼管理を行いたいが実際のところは難しい

現場点呼管理はなかなか理想どおりに行うことが難しく、運行管理者、又はドライバーのどちらかが点呼場所におらず、電話点呼のみで済ませている会社もあります。しかし、点呼は営業所で顔を合わせておこなうのが原則です。このような会社がどのように電話点呼だけで済ませているかというと、ドライバーは6日までの連続した業務が許されており、6日目に終業するドライバーであれば、初日だけ営業所での点呼を済ませれば残りは電話点呼で済むという特例があります。その特例を使用して運行管理者とドライバーの負担を減らしているのが実情です。しかし、この特例を使うために6日間連続して業務をおこなう必要がなくても連続業務をドライバーに強いることになり、特例とはいうものの、小規模な会社では常態化しているところもあります。特例といっていいものかどうか疑問を持たざるを得ない会社も少なくありません。
さまざまな原因が考えられますが、仕事に追われてしまい、運行管理者とドライバーお互いが顔を合わせて点呼をする時間が取れず、やむなく電話点呼のみで済ませているということが一例として挙げられます。貨物自動車運送事業輸送安全規則の第二章第一節第七条にも、対面点呼が原則と掲げられていて、電話での点呼はやむを得ない場合と規定されています。しかし、あえてやむを得ない場合の状況を作り、電話点呼で済ませている会社があるというのが実際のところです。このように、現場の実情を見ると、規則どおりに現場点呼管理をおこないたくても難しく、頭を悩ませている会社もあることが分かります。現在はIT点呼という方法もあり、この方法であればドライバーと車両が離れていても毎日手軽に点呼を取ることができるのですが、あえてこの方法をとらないのは、他にもクリアしなければならない問題点があるからなのです。

他にも現場点呼管理にはさまざまな問題点がある

小規模な会社の場合、仕事の都合上元請けの車庫に入れて業務を終了するという例も存在するようです。仮に自身が雇われている営業所に戻るようにしたとしても、小規模な会社ゆえ、運行管理者自身も現場に出ないと仕事がまわらず、点呼をおこなう人が営業所にいないため、自身の営業所に帰るメリットが全くないということが多いのも要因のひとつです。そこでIT点呼という手段が方法として挙げられます。
IT点呼は関連会社であっても16時間以内の間隔であれば点呼が取れるということで、需要が高まっています。そして、点呼は運行管理者が車両の状態も確認した上でおこなうのが理想なのはいうまでもありません。しかし、その点で問題があり、調整区域に車庫と仮の営業所を配置し、本営業所は全く別の離れたところにあるケースが多いのです。調整区域というのは、なんらかの理由で建造物を建てることを制限している区域のことを指します。本当であれば、利便性のよい地区に営業所と車庫をセットで建てたいのが事業主の本音ですが、そういった場所は住宅が建っている場所が多く、騒音や排気の問題で苦情が出るため、調整区域に営業所と車庫を移動させる会社もあります。しかし、調整区域ということで営業所を建てることが許されず、プレハブ小屋など仮の営業所を車庫の近くに設置し、調整区域外であれば営業所として認可を得ることができるため、本営業所と車庫を離して設置しなければならないのが現状です。この問題は会社の規模を問わず共通の問題として挙げられています。このことから、制度の根本的な見直しを求める会社が多いです。会社の規模に関わらず、ドライバーが事故をおこしてしまったら本末転倒だということはだれもが皆、理解はしているのです。

現場点呼管理は非常に重要なもの

車両の運行管理は、試験を経て資格を所持している運行管理者がおこなうものです。運行管理者は重要な立場であり、運行管理者の主な役目として、ドライバーと車両の状況を把握し、運行管理者の存在意義として、事故を未然に防ぐことが第一に挙げられます。ドライバーの状態を把握することによって、調子が悪いようであれば、実働時間を短くしたり走りやすいルートに変更するなどの対処を取ることにより、事故を未然に防ぐような対処が求められます。アルコール検知器によるアルコール濃度を測ることも重要です。
そして、車両の運行管理は、全車両が事前に決めたルートを決められた通りに走行しているか、ルート変更の必要があればドライバーにその旨を伝える、ドライバー交代場所の設定、その日何km走行したのか、車両の状態をチェックし、必要があればメンテナンスをおこなう、運送業であれば車両への荷物の積載量、旅客輸送業であれば何人乗ったかの把握、これらが運行管理者がおこなう主な業務です。特に現場点呼管理はとても重要で、体調が悪い中無理をして走行した結果、事故に繋がったというケースが後を絶ちません。特に居眠り運転による事故のケースが多いです。理想は運行管理者が実際にドライバーを見て顔色など普段と変わった様子がないかを確認し、ドライバーとコミュニケーションをとって体調を把握することです。しかし、実情において、点呼に関するさまざまな問題が挙がっています。IT点呼で点呼方法の選択肢は増えたのですが、調整区域を代表とした制度自体の問題点が未だ残っています。制度自体を変えていかなければ、車両点検とドライバーの状態をセットで確認するという適切な点呼を取ることができない状態は変わらないままでしょう。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

確実な点呼業務を実施しムダを削減しよう!
精度が高く業務を効率化できる点呼管理サービス【docoですcar Guardian】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )