0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

商用車両のクラウドサービスの機能とメリット

商用車両のクラウドサービスの機能とメリット

GPSを利用したクラウドサービス

商用車両のクラウドサービスでは、GPS車載端末や携帯電話、スマートフォンのGPS機能を利用して車両の位置情報を確認することができます。GPSを利用して運送車両の位置情報を確認できれば配送状況を把握でき、早配や遅配を防ぐことができますし、配送の可視化によって業務の改善にも役立ちます。位置情報を利用して一部のバス会社などではバスの利用者に携帯やパソコンで、バスが今どこの停留所にいるか位置情報や到着予測時間などを提供する取り組みも始まっています。バス利用者に到着予測時間をお知らせすることで、悪天候などでバスが遅れても寒い中、長時間待たなくても済むという利便性があります。バスの位置情報を携帯やパソコンで正確に確認できることで、バスに乗る頻度が多くなり、乗客増につながると期待されています。現在、様々な地域のバス会社でクラウド化が導入されているようです。
幼稚園バスでも渋滞で遅れる際に保護者やお子さんが悪天候の中、待つことのないようにクラウドサービスを利用するケースが増えています。バスの出発からリアルタイムで位置情報を細かくメールで知らせてくれることで朝、お子さんの身支度をする時間のめどが立ちやすくなりますし、バスに乗り遅れることも少なくなるというメリットがあります。リアルタイムでバスの運行状況を知らせてくれるため、バスの遅延があったときの保護者からの電話での問い合わせも少なくなるため、幼稚園側にとっても朝の仕事を効率的に行うことができます。
運送業にはとても重要なアルコールチェックの一元管理やドライブレコーダーやスマートフォンのGPS機能で記録した運転状況を一元管理し運転指導に役立てるなど、お客様に質の高いサービスを提供するためには商用車両のクラウド化は必要なことになってきているようです。

クラウドサービスを利用するメリット

運送会社がクラウドサービスを利用する場合、サービスを提供している企業がシステム開発から管理、データの保存までしてくれるため、自社でシステム開発やメンテナンス、運行管理のソフトウェアの購入をする必要がなく、人件費や経費削減になることが最大のメリットとも言われています。インターネットが接続できる環境であればどこからでも利用できるため、初期費用をあまりかけずに容易にシステム移行ができるサービスとされています。
商用車両をクラウド化するメリットは商用車の位置情報を把握・管理することで顧客対応が迅速にできるということでしょう。クラウド化で商用車の位置情報を管制センターが一元管理することで効率的な運行ルートを管制センターからナビゲートすることができ、迅速に顧客対応することが実現できるようになっています。また、受注、発送をしている企業では注文を受けるオペレーターが商用車の位置情報を把握でき配達する住所に近い車に指示を出すことができるため、発送の時間短縮にもなります。
GPSの情報を利用したクラウドサービスは、GPS機能付き携帯電話やスマートフォンで利用できる便利さがありますが、位置情報の精度が車載端末よりも劣ってしまうデメリットがあります。精度の高い位置情報や機器の耐久性が必要な商用車には車載端末を使用してサービスを利用することがおすすめです。
様々な企業が商用車向けのクラウドサービスを提供していますが、会社を選ぶ際にサービス内容や価格はとても重要です。ソフトウェアが使いやすいか、セキュリティーがしっかりしているかも重要なポイントになりますのでしっかりチェックして選ぶ必要があるようです。

クラウド化に移行するにあたって

クラウド導入にあたって企業が心配することは、外部に管理を委託することで情報漏えいなどセキュリティー上の問題やシステム障害のトラブルなどの問題が起きないかということです。セキュリティーに関して言えば、クラウドサービスを提供している企業はシステム開発などを専門に行える企業のため、自社でシステムを管理するよりも安全性が高いと言われています。IT専門の従業員がいない中小企業も多く、無理に自社でシステム開発や管理をすることで、セキュリティー問題が発生してしまう可能性もあり、外部の専門業者に管理をしてもらう方が安全な場合もあります。トラブルが起こった時の対処も迅速なため、人手や時間の手間も省けます。ただ、絶対にトラブルが起きないとは限らないため、企業がバックアップを手元に持っておくなどの対策も現状では必要になってくるようです。外部に自社システムを移行することによる不安を払拭するためには、クラウドサービス提供会社の信頼度と安全性、技術革新が重要になってきますが、技術革新は今後どんどん進んでいくと言われており様々な職種でクラウド化への移行が加速すると予想されています。
サービスを受ける企業側にとっては自社システムとクラウドを上手く連携させるための社内議論をしっかりする必要があります。連携に失敗して逆にコスト増になってしまう企業もあるため、ただクラウド化をすれば良いというわけではありません。様々なクラウドサービスの中からどれを自社システムと連携すると利便性が上がるかを的確に判断していくことが大切です。そのため、クラウド化で自社システムを改良していくという考え方を持つことが大切かもしれません。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

物流・運送業界も積極活用、実績豊富な運送管理サービスです
手間のいらない簡単運用な動態管理【docoですcar for BUS】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )