0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

最適のシステムで無理なく運送、物流のコスト削減を

最適のシステムで無理なく運送、物流のコスト削減を

過酷な情勢だからこそ業務に革新を

近年においてほとんど絶え間なく、運送業界や物流業界は、生き残りをかけた競争を強いられてきました。国内経済の衰退、人材不足、燃料費の高騰などネガティブな環境で同業他社と仕事の獲得競争をするうちに、多くの会社がコストを抑えざるを得ない状況に置かれています。しかしコスト削減は簡単に達成できるものではありません。一番手っ取り早くて効果が期待できるのが人件費削減ですが、スタッフの数を減らすにせよ給料を減らすにせよ、どちらにしてもサービスの低質化や労働環境の悪化に直結してしまう可能性があります。人手不足が問題視される昨今なので、優秀なスタッフがライバル企業に移ってしまう事さえありえます。最悪の結果として労災に繋がれば、会社のイメージが大きく損なわれる結果は免れないでしょう。そうなれば優秀な新入社員はなかなか入らなくなるでしょうし、仕事を失う恐れさえ考えられます。
他にも事務所の光熱費や車輌の維持費なども削減対象になり得ますが、いずれも限度がある上に、やりすぎればやはり労働環境に影響します。会社の信頼などを考えると下げられない部分もあるはずです。もし無難にコスト削減を試みるなら、仕事のやり方を合理化、効率化するのが良いでしょう。無駄な仕事や労働力の遊びを減らして、最大の利益が得られるようにするのです。しかし、パソコンや携帯電話などを用いて簡単にできる部分はすでに実行されているかもしれません。さらなる改善を図るとすれば、車輌管理専用に設計されたシステムを導入するという方法が考えられます。上手く使えば経営の助けとなり得ます。未来を実りあるものにするための投資としてご検討されてはいかがでしょうか。

エラーから経営を守る製品は多種多様

専用のシステムと一言で言っても、想定している業種や製品によって採用されている機能は変わります。多くのシステムにおいて実装されているのが、各車輌の位置や状態の確認、合理的な輸送ルートの設定などです。導入の利点は何といっても状況の把握が容易になることでしょう。
業務を効率化するためには、現状の正確な認識が不可欠です。何が非効率になっているのかが分からないと、業務を効率化する術はありません。もちろん、システムを導入していない現場でも、電話や無線、電子メールなどを用いて状況の報告や車輌への指示は実行されているでしょう。運送や物流に掛かったコストの記録や集計、分析を表計算ソフトなどで行われている会社も存在するかもしれません。しかし多くの場合において、専用のシステムを用いたほうが利便性が高く、業務におけるヒューマンエラーが発生しにくいものです。
車輌管理用のシステムにはGPSなどを用いて車輌の位置を確認することや、インターネットのクラウド・コンピューティングを利用して、車輌や積み荷のステータスや事故の有無を小まめに確認できる製品があります。ドライバーが入力した情報をまとめてくれる製品なら、紙などに記載したデータをわざわざ入力する必要もありません。経験と知識のある人間に任せる他なかった運行計画などの立案も、保存されているデータを元に演算してシミュレーションしてくれるものさえあります。無駄なコストを見落とすリスクや、エラーが起きた際の損失を考えると、これらの機能に対して新たに投資するだけの価値はあるはずです。

人にも会社にも良い管理システム

管理システムの導入はコスト削減になるだけではありません。運送や物流などの業務において最高の効率を実現してくれるシステムなら、それに従事するスタッフの労働環境を向上させることにも期待が持てます。なぜなら作業を効率化させることは、多くの場合において業務上の手間を省略することに繋がるからです。
例えば、ドライバーの日報作成を補助してくれる機能があるものなら、情報を自動的に記録してくれることによって記載ミスなどのヒューマンエラーを防ぐだけではなく、ドライバーが記載する労力を減らすことができます。アクシデントなどによってスケジュールが変わってしまうような事態になっても、自動的にスケジュールを再構築してくれる機能があれば業務の増加を最低限に減らすことができるでしょう。利益を出すのに必要な仕事量の低下はスタッフの負担を減らし、それは仕事の質を維持することに繋がります。ヒューマンエラーも消耗している状態より減少するでしょう。間違いのない仕事が要求される運送や物流において、この点は非常に有利な材料となり得ます。
さらに同程度の給与や待遇なら、一般的に仕事量が少ない企業の方が人を集めやすいのは言うまでもありません。離職率の低下にも繋がるのではないでしょうか。システムを導入することは、業務の効率化によって様々な面から会社に大きな利益をもたらす可能性を秘めています。厳しい情勢で、出費はできるだけ避けたい方も多いでしょう。しかし、これから余裕のある経営をしていくためにも、ITの導入はお勧めできます。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

導入実績2,300社以上!輸配送コストを簡単削減
docomo品質の運行管理システム【docoですcar NEXT】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )