0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

安全運転支援システムでバスの事故軽減を達成しよう

安全運転支援システムでバスの事故軽減を達成しよう

大惨事を防ぐ義務の徹底

すでに多くの企業において安全対策は徹底されているでしょう。それでも事故はなかなかゼロにはなりません。運転手の選抜から健康管理、車輌の維持、運転などの業務を行うのは人間です。人間である以上、ヒューマンエラーが発生する可能性はどうしてもつきまといます。安全対策はすでにできる限り講じていて、さらに万全を期すなら道具に頼るべきかもしれません。車輌の事故軽減のために設計されたシステムを導入するのです。
動態管理や運転支援など、運行を支援して事故軽減に繋げるシステムが各社から発表されています。中にはバスでの使用を前提にした製品も存在しており、これらのシステムを導入すれば、様々な機能によって安全性のさらなる向上を図ることができるでしょう。例えば運転の質の維持です。過去に発生した重大事故のいくつかでは、過労や体調不良、運転技術の不足などが原因とされています。運転ミスによる事故を防ぐためには、運転手の体調管理と技術評価が重要であると言えるでしょう。定期的な健康診断や技術評価はすでに各社で実施されているでしょうが、体調は疲労などに応じて変化するため、それでは万全ではないかもしれません。動態管理システムの中には運転手の体調をリアルタイムで監視し、急変時は管理者へ自動的に連絡するものがあります。これなら事故に繋がる前に対処することで、取り返しのつかない重大な結果を避けることができるでしょう。
運転技術をドライブレコーダーなどの記録から測定するシステムを使用して、スタッフの技量を小まめに確認するのも効果的かもしれません。

安全対策の詰めをITで

すでに多くの企業において安全対策は徹底されているでしょう。それでも事故はなかなかゼロにはなりません。運転手の選抜から健康管理、車輌の維持、運転などの業務を行うのは人間です。人間である以上、ヒューマンエラーが発生する可能性はどうしてもつきまといます。安全対策はすでにできる限り講じていて、さらに万全を期すなら道具に頼るべきかもしれません。車輌の事故軽減のために設計されたシステムを導入するのです。
動態管理や運転支援など、運行を支援して事故軽減に繋げるシステムが各社から発表されています。中にはバスでの使用を前提にした製品も存在しており、これらのシステムを導入すれば、様々な機能によって安全性のさらなる向上を図ることができるでしょう。例えば運転の質の維持です。過去に発生した重大事故のいくつかでは、過労や体調不良、運転技術の不足などが原因とされています。運転ミスによる事故を防ぐためには、運転手の体調管理と技術評価が重要であると言えるでしょう。定期的な健康診断や技術評価はすでに各社で実施されているでしょうが、体調は疲労などに応じて変化するため、それでは万全ではないかもしれません。動態管理システムの中には運転手の体調をリアルタイムで監視し、急変時は管理者へ自動的に連絡するものがあります。これなら事故に繋がる前に対処することで、取り返しのつかない重大な結果を避けることができるでしょう。
運転技術をドライブレコーダーなどの記録から測定するシステムを使用して、スタッフの技量を小まめに確認するのも効果的かもしれません。

運転から業務まで幅広く支援

バスなどの大型車輌ならではの問題に対処してくれる製品もあります。一般の車輌よりはるかに大型の車体を持つ車輌だと、どうしても普通車にくらべて周囲への警戒が難しくなるものです。運転支援システムの中には車体各所にカメラを後づけして、運転中や停留所での乗客の乗り降りの際に、周囲の状況を確認できるようにするものがあります。運転中の死角が減少するので、効果的に事故軽減につながるでしょう。
また運転以外の業務、例えば日報の作成なども、動態管理システムを導入していれば作成を支援してくれる機能が期待できます。管理のためには無くてはならないのが書類ですが、人によっては完成させるためにストレスや疲労が避けられない場合があります。システムで日報を取り扱える製品は管理に便利なものですが、負担軽減による事故軽減にも役立つかもしれません。
これらの他にも、バス事業を営んでいく上でのリスクを極力減らせる製品が多々存在しています。バスによる旅客輸送業界は相次ぐ新規参入などにより、非常に競争が激しい状況が続いています。旅行会社や消費者からの要望で、各社が競って料金を下げざるを得ない中で、負担を増やすようなことはためらわれる方は多いでしょう。しかし繰り返しますが、事故の発生は会社の存亡にさえ関わります。経営の存続が困難なほど致命的な事態に陥ってから、幾ばくかの負担増を見送ったことを後悔しても取り返しがつきません。事故軽減をより徹底してくれる、運行支援用のシステムの導入をご検討されることをお勧めします。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

導入らくらく、バス利用者に「快適」「便利」をお届けします
簡単に導入できるバスロケサービス【docoですcar for BUS】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )