0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

費用対効果でも優れる輸配送状況管理

費用対効果でも優れる輸配送状況管理

すべてに関して効率化が求められる運輸業界

運送業界は、効率化が求められる業界です。それもすべてにおいての効率的であるというところが、大きなポイントになるでしょう。その中でも、運送状況の管理は、確実に効率化していかなければいけない部分です。
物流にとって、トラックは効率が決していいとは言えません。1台で運ぶことができる量は限定され、燃料の高騰に大きく影響を受けます。中短距離の輸送手段として使われることが多くなりますが、CO2の排出の問題もあり、環境に対する配慮としてターゲットにされることもあるでしょう。運転手のモラルといった問題もありますし、技量によって能率が大きく変化してしまいます。そこで、輸配送状況管理ということが、品質を一定化するためにも重要になってくるといえるでしょう。
輸配送状況管理といっても、さまざまな要件があります。車両の現在位置を知るということから始まり、災害や事故があっても確実に継続をするためにBCP対策も重要な意味があるでしょう。効率化からコスト改善まで要求されるようになります。実際に効率化を進めることができるようになれば、顧客にとっても優れた運輸手段となり、満足度も高めることができるようになるでしょう。輸配送状況を管理するということは、事業の効率化にとって、非常に高い意味を持つものだといえるのです。

リアルタイムに情報を得られることのメリット

輸配送状況ということでは、動態管理が重要な意味を持ちます。車両がいつどこにいて、走行状況はどうなっているのかということを知ることで、効果的な運用が可能となるでしょう。いつでも、どこでもというリアルタイム性が重要であることがポイントです。これは物流だけではありません。土木建築などで、運搬車両の管理をおこなえば、騒音や安全面からの環境対策として活用することができます。高速バスや観光バスなども、確実に運航できているのか、何か問題が発生していないのかを確認できるでしょう。
今までも動態管理は行われてきましたが、リアルタイムに情報を記録するのは難しいことでした。無線を使い、相互に連絡を取るような方法しかなかったでしょう。それが確実な情報であるということも立証することができませんでしたが、PC・携帯電話・スマートフォンなどから、インターネット回線とGPS信号を利用して、リアルタイムに情報を得ることができるようになりました。
安全運転にも大きな影響を与えます。データをリアルタイムに取得できるため、運転手の状態を把握することができるようになるでしょう。癖も判断することができます。各種センサーを搭載することによって、データは一元化され、判断が容易になり、安全運転指導が可能です。データを可視化することによって、意識自体を改革することもできます。内部統制という面でも、管理機能を向上させることができるでしょう。
安全運転ということでは、アルコール測定器も搭載することができます。モニタリングしているのですから、法令違反のリスクを軽減し、安全な運行にすることができるでしょう。リアルタイムですので、点呼などの業務をなくし、ITによって管理することができるようになります。精度も高くなるため、業務効率の向上を目指すことができるでしょう。

システムの進化と費用対効果の改善

輸配送状況管理がここまでできるようになった理由のひとつが、ドライブレコーダーにあるでしょう。通信回線を搭載することによって、リアルタイムに情報取得ができるようになりました。IT点呼ということで、本人確認もデータを登録することで可能です。映像データの取得も可能で、リアルタイムで映像を分析することもできます。
問題としては、大量のデータを受け取ることになり、サーバーに大きな負担を掛けることになるでしょう。そうしたバックボーンを事業者が管理するのは、非常に難しい面を持っています。これが業務負担となれば、効率化を進めることができなくなってしまうでしょう。そこで利用されているのが、クラウドシステムです。クラウド化することによって、最小限のアプリケーションを導入することができれば、大量のデータを保持しないで済みます。分析することができた必要になるデータだけを管理すればいいのですから、負担は大きく軽減することができるでしょう。
こうしたシステムは、以前から存在しました。ですが、維持費の高騰とシステム維持という問題から導入障壁が高すぎたということが挙げられるでしょう。現在では、1台当たりの単価は驚くほど下がり、維持費も下がりました。費用対効果という面でも、大きな効果を上げられるようになってきているといえるでしょう。
管理ということで考えれば、これでいいという限界はありません。それでもすべてを把握することは難しいのが現状です。より正確で、より確実な管理業務にするためにも、こうしたシステムを導入し、効率化していくことは、大きなメリットがあるといえるでしょう。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

導入実績2,300社以上!輸配送コストを簡単削減
docomo品質の輸配送管理システム【docoですcar 輸配送進捗管理】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )