0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

信憑性の高いアルコール測定器を導入しよう

信憑性の高いアルコール測定器を導入しよう

アルコール測定器は精度の高いものを導入しよう

現在、飲酒運転の取り締まりは従来に比べて厳しくなっています。罰金などが引き上げられ、運転免許証の点数も大幅に減点されることになります。内容によっては、1度飲酒運転で検挙されただけで免許が取り消しになることも少なくありません。
では、何故飲酒運転の取り締まりが強化されているのでしょうか。その理由は、飲酒運転による事故が増加したからです。飲酒運転をすると視界が狭くなり、気分の高揚により、無理な運転をしてしまう方は少なくありません。とは言え、個人であれば、運転免許証の取り消しや罰金で済まされることが多く、その個人だけで完結しますが、企業においてはそれだけではありません。例えば、運送事業を行っている企業でもし運転手が事故を起こし、飲酒運転をしていた事が判明してしまったら、その取引先に迷惑をかけるばかりか、その企業自体の体制が疑われ、時には存続の危機にすらなりかねない大きな不利益を被ります。
飲酒運転事故の深刻さや企業のステータスによっては、謝罪会見を行い、公衆の前で釈明謝罪をしなければならないこともあるでしょう。そのため、運送や輸送に携わる企業の多くは、運転手の飲酒運転による事故を軽減するために、アルコール測定器を導入しています。アルコール測定器を使用すれば、体内にアルコールがどのぐらい含まれているのか把握することができるので、運転手の管理をしっかりと行うことができます。
しかし、製品によって精度が違ったりするため、企業の中には現在のアルコール測定器の精度に、疑念を持っている方も少なくありません。そのような企業は、課題を解決するために、精度の高いアルコール測定器を導入されてみてはいかがでしょうか。
例えば、燃料電池式を採用して精度を高めてくれるものもあります。これにより、半導体式よりも精度が高くなるので、信憑性の高い数値を提示してくれます。また、センサーの寿命も従来の半導体式に比べて高くなっているので、買い替えの心配が少なく、企業は費用を最小限にして導入することが可能です。しかし、企業の中には初期コスト以外にも、運用コストを減らしたいと思われている方もいるのではないでしょうか。アルコール測定器を販売してくれる業者によっては、メンテナンスに関しても長い期間行ってくれるため、運用コストを低下させることができます。精度の高い製品を導入すれば、アルコールの誤検知などを防ぐことができ、また、メンテナンス期間が長ければ運用コストも低下できるため、企業が取り入れれば多くのメリットを得ることができるでしょう。

IT点呼も可能になる!?

運送業をしている企業では、ドライバーが営業所から遠い町にまで輸送をする事もあるでしょう。そのような運転手は、長期間、運転をすることになります。1日ではなく数日間、営業所まで帰ってこられないことも少なくありません。通常、大型トラックの運転席の後ろには、寝るスペースが確保されており、数日間輸送をしなければならない時は、そのスペースで睡眠を取り、目的地まで運転をすることになります。
アルコール測定器においては、通常営業所を出る時に検査をして、アルコールが体内に含まれていないかどうかを確認するためのものになります。数日間運転している運転手の中には、長旅の途中にアルコールを飲み、運転をする方もいるでしょう。しかし、管理者は電話等でしか彼らの状態は把握できず、色々不安に感じられる事も多いかと思われます。
営業所から遠く離れたところでも、運転手の健康管理ができるように、IT点呼の導入を検討されてみてはいかがでしょうか。IT点呼では、映像を見ながら電話をすることになるため、運転手の顔を見ることができます。そのため、健康状態が良好かどうかを画面を通して把握することが可能です。これにより、確実な点呼が行えるようになります。IT点呼は従業員の点呼を確実にし、さらに顔を見て健康状態を把握することができるので、この機会に運送業を営まれている方は導入を検討されてみてはいかがでしょうか。また、点呼記載の不備や点呼記載義務違反などのデータを、一元管理することができるので、管理業務をしている方の負担を軽減することができます。

アルコール測定器を導入する際の業者の選び方のコツとは!?

現在では、アルコール測定器を販売してくれる業者はたくさんいます。そのため、買い替えや導入を検討されている方の中には、どのようなアルコール測定器の販売業者を選べば良いのか分からない方もいるのではないでしょうか。
選び方のコツとしては、サポート体制の充実度になります。運行管理業務を支援するサービスを総合的に取り揃えている業者では、トータルサポートを実施してくれるので、購入後もサポートを受けて運用してくれるところもあります。また、お問い合わせ窓口に関しても一本化してくれているので、メールや電話、対面でもサポートを受けられます。セキュリティが考慮してくれる業者を選ぶことも、選び方のコツになります。
大手企業の厳しいセキュリティ管理によって、安心して使用できるように配慮してくれる所もあります。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

確実な点呼業務を実施しムダを削減しよう!
精度が高く業務を効率化できる点呼管理サービス【docoですcar Guardian】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )