0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

災害や大型車の事故にも対応できる動態管理システム

災害や大型車の事故にも対応できる動態管理システム

大型車の災害対策や事故のために動態管理システムを導入しよう

運行業務を生業としている企業においては、大型車で商品を輸送したり、利用者を送り迎えすることになります。
例えば、大型トラックや大型バスなどです。企業によっても異なりますが、運送業を行っている企業では、商品を輸送することが事業の中核になっているところもあります。そのため、運送業を営んでいるところでは、BCPに対する懸念を抱いている所も少なくありません。
BCPとは、事業継続計画のことになります。つまり、中核事業を継続させられない状況に陥った場合、どのような対策を講じて復旧をして、損害などのリスクを最小限に留められるのかということを計画することになります。特に日本では、災害における復旧対策を求められている企業は数多く存在します。
例えば、夏から秋に掛けては台風が日本列島に到来します。台風が迫る時は風雨強くなっています。そのため、勢力が強ければ強いほど、日本列島の各地に大きな災害をもたらす可能性が高くなっています。土砂崩れにより、大きな被害を受ける住宅もあり、もし大型車を走行中に土砂崩れが発生し、道が塞がれてしまった場合、通常通り運行することができないため、企業は不利益を被る可能性が高くなります。また、大型車を運行しているドライバーの安全も、確保しなければなりません。
また、日本は地震が頻繁に起こり、過去を見ても地震によって、大きな被害を被った都市は少なくありません。バスを運行しており、もしその付近で地震が発生した場合、利用者を安全な場所に移動させるだけでなく、早めに運行を開始しなければ、バス停で待っている方に迷惑をかける恐れがあります。また、バス停で待っている方がバスの遅延に気づくことができないため、会社の出社時間内で、出社することができなかったりする可能性もあります。もし、出社が遅れればバス会社の信用も低下する恐れがあるでしょう。
もし、大型車の運行を生業としている企業では、BCP対策のために動態管理システムの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。このシステムにより、災害時の対応がスムーズに行えるようになるため、復旧時間の短縮や企業が災害によって受けるリスク、損害を低下させることができます。動態管理システムを導入すれば、大型車の運行状況をリアルタイムで、管理者は把握できます。もし、災害が起きれば運行状況を確認して、この先に被害が大きい場所があれば、そこを避けて運行させることができます。同時に、ドライバーの安全も確保することが可能です。
事故においても同様になります。もし、現在地が分からない企業では、事故が発生した際にどこを運行中なのか把握できないため、事故の対処が遅れてしまう恐れがあります。直接運転手に聞いて、どこを走行していたのか聞けばいいのでは?と思われる方もいますが、事故の状況によっては、運転手が電話に応答することができないケースも少なくありません。しかし、リアルタイムで運行状況を把握できれば、事故を起こした時の対処も早くなると考えられるので、運送業を営んでいる企業に多くのメリットを与えてくれます。

動態管理システムの選び方のポイント

動態管理システムを導入してくれる所は複数あるため、管理者の中には、どのような製品を選択すればいいの?と思われている方もいるでしょう。
例えば、導入リスクが少ない製品を選ばれてみてはいかがでしょうか。もし導入時に時間がかかったり、手間がかかる製品を選択すると、通常業務に支障をきたす可能性があります。また、ソフトウェアをインストールしなければならない製品を選択すると、企業にある全てのパソコンに、インストールしなければならないため、時間がかかる恐れがあります。製品の中には、配線工事をすることなく設置できる、動態管理システムもあります。また、専用ソフトが不要なため、パソコンにソフトウェアをインストールする手間を少なくできます。大型車の運行状況をリアルタイムで知るためには、地図情報が必要となるでしょう。地図情報は当然、定期的に更新しなければ建物や道が現在の状態と異なってしまうため、更新することになります。更新するには費用が必要なのでは?と思われる方もいるでしょう。製品によっては、メンテナンスが不要な製品を導入してくれる所もあるので、運用コストも少なくできます。

どのような業者に依頼をすればいいの?

業者は複数あるため、製品だけでなく、業者も慎重に選ばれる方が多くなっています。では、大型車を運行している企業は、どのような業者を選択すれば、安心してお申し込みをすることができるでしょうか。
例えば、業者の中には資料を請求できる所もあります。基本的にホームページには、業者に関する多くの情報が掲載されていますが、資料にはその他にも様々な情報が公開されているので、製品や業者を知った上でお申し込みをすることができます。また、サポートなども充実しており、インターネットからでもお問い合わせができますが、電話からでも対応してくれる所が多くなっています。また、レンタルプランやお買い上げプランの両方を提供してくれるので、様々な企業に対応してくれる所もあります。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

物流・運送業界も積極活用、実績豊富な運送管理サービスです
手間のいらない簡単運用な動態管理【docoですcar for NEXT】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )