0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

顧客満足度の面からも注目される動態管理

顧客満足度の面からも注目される動態管理

複数の車両を管理することができる動態管理

運送業において、複数の車両の管理をすることは、絶対になくならない業務です。配送計画にもつながることですが、いったいどの車がどこにいて、どこに向かっているのかということを考えていかなければいけません。動態管理と呼ばれていることですが、もしかしたら、向かっている車が渋滞にはまって遅れるかもしれないでしょう。事故にあってしまったり、起こしてしまったりする可能性は、ゼロにすることはできません。公道を走る以上、限りなくゼロに近づける努力をしていくことはできますが、インシデントとして起きる可能性は否定できることはないからです。そこで、動態管理をリアルタイムで行っていく重要性が指摘されてきました。
各車の状態を記録し管理することができれば、スケジュールを最適化することができるでしょう。配送計画なども確実性を高めることが可能です。緊急事態に対応することも、リアルタイムで情報をつかんでいれば間違いないでしょう。大きな事故が起きると問題視されますが、労務管理や休憩の取得といったことも確認できます。自己申告でしかなかった情報が、リアルタイムで管理できるようになれば、効率は大きく向上するでしょう。
そのためには、ここの車両に情報を発信させなければいけません。これまで無線などでも行われてきましたが、正確な情報は無線ではつかむことができませんでした。そこで、携帯電話の回線を利用し、情報の確実性を高める方法がとられるようになってきたのです。通信費なども安価となり、確実な動態管理として注目を集めるようになったといえるでしょう。

必須ともいえる物流業界と建設業界

動態管理といえば、やはり大きなウエイトを占めるのが物流業界です。車両の位置をつかみ、効率的な運用が可能となります。温度センサーまで使うことができ、運送中の荷物の管理もできるようになるため、生鮮品の鮮度の低下を防ぐことが可能です。リアルタイムの管理ができるため、運送スケジュールに合わせた配車もできるようになるでしょう。速度表示も機能として持っており、これまでタコメーターとして車両で記録していた情報も、一元管理が可能です。こうした情報を基に、ドライバーの指導や教育につなげていくことができるのですから、重要な情報となるでしょう。顧客満足度につなげていくことができるため、大きな意味を持つシステムになります。
建設や土木業界の車両の管理として使う場合には、リアルタイムに管理できることが大きな意味を持ってきます。車両を手配するということは、時間単位で作業をしている中、手を止めたりすることなく効率的に進めることができるでしょう。ダンプに砂利を積載し、それを現場まで到着させるとした場合、作業はダンプが来なければ始まりません。すべての作業が止まってしまうことにもなりかねないのですから、リアルタイムで管理することができる意味は大きいでしょう。
どこを走っているのか、速度は出していないのかといった個別の車両情報を管理することができます。こうした問題は、事故にもつながる危険性を持っており、即クレームにつながりますので、大きな情報となるでしょう。もちろん、ドライバーのマナー向上に役立たせることが可能で、建設業として社会的責任を守ることにもなります。

警備にいかせば安全性と高い顧客満足度も

動態管理として重要なのは、物流や建設業だけではありません。どこにいるのか、どんな状況なのかを知ることができるということで、警備業界でも注目されている技術です。警備業界の場合、車両を手配するということは、緊急の場合が出てきます。正確な車両の情報を管理することによって、手早く手配することができるようになるでしょう。緊急時の配車も確実になり、効率を高めることができます。
重要な荷物を運んでいるときにも、動態管理をリアルタイムで行うことができれば安心です。一体どこを何時にどのぐらいの速度で走っているのかを管理できれば、情報として荷主に提出することもできます。荷物の安全性を高めることもできるため、確実に有用なシステムとすることができるでしょう。緊急スイッチなどをつけることもできるため、荷物に何か問題が出てしまったときでも、迅速な対応をすることが可能です。システム化を進めていくことによって、管理に関わる人件費も抑えることができるでしょう。
動態管理というシステムは、使い方ひとつで非常に多くの効果をもたらします。これは、管理ということだけではなく、社会的信用ということでも大きな恩恵をもたらすことになるでしょう。さらに、顧客満足度を高め、安全性を高めることもできる技術です。車両という不確定要素の強い方法をとる以上、管理を進めていくのは当然のことでしょう。それが安価でできるようになり、一元管理ができるのですから、システムとしての価値も高いことは間違いありません。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

導入簡単!選ばれ続けるクラウド型動態管理サービス
動態管理サービス「docoですcarNEXT」

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )