0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

リアルタイムな情報で効率化する走行管理システム

リアルタイムな情報で効率化する走行管理システム

物流に欠かすことができなくなったリアルタイムな情報

物流という存在は、社会的にも経済的にも欠かすことができません。商品は購入することによって手にすることができますが、その商品がなければ手にすることができないでしょう。インターネットの拡大によって、ECサイトが拡大していますが、物流がなければ成立しません。実店舗であっても、物流があるからこそ、そこに商品が存在します。消費者として、物流は欠かすことができないのは間違いないことです。
物流の機能として、品物を運ぶということだけではなく、正確に運ばなければいけないという使命があります。積み荷は形を変えることなく、届けなければいけません。約束の時間があれば、その時間に届ける必要があるでしょう。これが企業の信頼となり、顧客満足度となって返ってきます。それだけに、各車両がどういった走行をしているのか、リアルタイムで知ることは大きな意味があるといえるでしょう。
実際問題として考えた場合、リアルタイムで情報をつかみ管理することは業界の課題でした。管理はできたとしても、リアルタイムで管理することが難しかったからです。車両から無線などで報告を受けることはできます。タコグラフなどを搭載させることで、記録をとることができますが、無線は確実な情報であるとは言えないことがあるでしょう。本人申告である以上当然です。タコグラフは、あとから情報を知ることができますが、その場で生かすことはできません。これでは、随時情報を生かすことができないため、リアルタイムに情報を取得できることが待たれたといえます。

走行管理システムが効率化を進める

リアルタイムに情報を得るために、現在では携帯電話の情報回線を利用しています。走行管理システムとして、現在のステータスを取得できるようになりました。リアルタイムで得られる情報にはいろいろとあり、走行管理システムとして速度を取得したり、現在位置を特定したりすることができます。速度を管理するということは、到着時間を計算することができるでしょう。
安全に運転することができているのかといった問題も管理することができます。リアルタイムで管理していれば、異常な速度を出しているときに早期発見が可能です。企業としての社会的な責任も果たすことができるようになります。ドライバーの教育にも重要な材料となり、違反などの抑制にも一役買ってくれるようになるのですから、速度ひとつをとっても大きな意味があるでしょう。
現在位置を割り出すことができれば、渋滞や事故、工事といってことを事前に回避させることもできます。配車スケジュール管理も走行管理システムからできるようになるでしょう。最寄りの車両の位置と状態を把握することができれば、最適な条件の下で配車が可能です。
こうした走行管理システムは、管理者の能力に依存するところが大きかったといえます。経験から割り出される部分が大半を占め、非常に負担をかけていたことも確かです。明確な理由というものも存在せず、経験に頼るということで、ひとつずれると取り返しがつかないこともありました。これが顧客満足度に大きな影響を与えていたことを考えれば、システムとして確立することが顧客満足度にも大きな意味を持つことがわかるでしょう。

ドライバーも守るシステムとして

走行管理システムは、何も管理側だけに恩恵があるわけではありません。物流というシステムを維持するためには、人の力が欠かせません。従業員の管理もおこなっていかなければ、確実な管理とはならないでしょう。長く成長させるためには、効率的な管理を考えていかなければいけません。そのためにも走行管理システムは有効な手段となります。
最近では、呼気に含まれるアルコールチェックは物流で当然となりました。こうしたチェックは、何も企業を守るためのものではありません。摘発されれば、ドライバーにも罰則が及びます。事故を起こす可能性が高まり、ドライバーにも被害が及ぶようになるでしょう。システムとして管理し、防止しして行くことができれば、だれもが危害を受けずに済むということが重要です。
走行管理システムを導入することにより、現在異常が起きていないかといったことも判断できるでしょう。常に情報をやり取りすることで成立するシステムですので、さまざまな情報を組み合わせることが可能です。速度にばらつきがあることがわかれば、休憩の指示をすることもできます。運行時間の管理もできますので、適切な運転時間の管理も可能です。こうしたシステムによって、無理をせずに運行ができるようになるのですから、ドライバーに対する恩恵も大きなものとなるでしょう。
システムもクラウド化できるようになり、運用する企業の負担も格段に減りました。何かあっても、サポートデスクに連絡をするだけで済むからです。通信料もかなり下がり、利用しやすいシステムになってきているのですから、走行管理システムは導入するべきものとなったといえるでしょう。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

車両の走行状況をリアルタイムにチェック!
動態管理サービス「docoですcarNEXT」

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )