0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

動態管理システムの導入で企業が抱える課題を解決できる!?

動態管理システムの導入で企業が抱える課題を解決できる!?

動態管理システムを導入して運送会社が抱える悩みを解決しよう

日本で活躍する業種は多岐に渡り、多くの企業がサービスを提供することによって日本経済が活性化し、多くの方が利益を得ています。今ではIT分野が多くのメディアに取り上げられることが多いため、日本の企業と聞くとIT企業をイメージされる方もいますが、日本に欠かすことができない業種はたくさんあります。その中の一つに運送業が挙げられます。実は運送業はIT社会に大きな関わりを持っています。それは通販サイトになります。通販サイトでは利用者が商品を購入すると販売している店舗がお客様の元に商品を届けなければなりません。そのため、運送業を利用して配達してもらうのが一般的になります。そのため、通販サイトの普及は運送業に多くの利益を与えていると考えられます。
運送業を営まれている企業の中には業務上における悩みを抱えているところも少なくありません。運送業が抱える悩みは動態管理システムを導入することによって軽減されることもあります。では動態管理システムを導入することによってどのような悩みを解決してくれるのでしょうか。例えば運送業が抱えている悩みの一つして挙げられるのが車両の現在地や運行状況が見えないという悩みになります。基本的にトラックを運転して荷物を輸送している従業員とトラックの運行状況を管理する車両管理業務をしているスタッフが運送業にはいます。車両管理をしている時にトラックが何処を運行しているのかを把握できなければトラックの現在地が不透明になるため車両管理業務に大きな影響をもたらす可能性があります。もし動態管理システムを搭載すればリアルタイムで運行状況を確認することができるので、今まで見えなかったトラックの現在地を一目で確認することができます。リアルタイムで把握できればお客様の急な要望に対してもその近くを走行しているトラックに問い合わせをしてお客様に対応するように支持ができるため、顧客のサービス向上にも繋げることができるでしょう。
その他にも有事の際の対応に関する悩みになります。日本では数多くの地震が起きています。過去を見れば、熊本や東北、神戸など多くの都道府県が地震の被害に遭っており、家を無くされた方は仮設住宅で復興を待ったりしている方もいます。その他の有事には台風があります。特にトラックは高速道路や一般道路を走行することになるため、台風などが来れば影響を大きく受けるでしょう。台風は夏や秋口の季節に多く横断し、勢力が弱いものでも交通機関が麻痺し、出勤をする方や帰宅する方の足を止めてしまうことも珍しくありません。また、台風の勢力が強ければ交通機関は言うまでもなく、洪水が発生することもあるため、道路が水浸しになり、車両が走行できなくなることも珍しくありません。このような有事の際にも動態管理システムを活用することができます。リアルタイムで車両を把握できるため、有事が起こった時、車両管理業務を行うスタッフは、輸送している荷物並びに運転手の状態を確認して適切な指示を出すことができます。迅速な対応を取ることができるので、業務復旧に大きな役割を担ってくれるでしょう。

動態管理をするために簡単に運用することができるシステムを導入しよう

現在では動態管理ができるシステムは複数の企業が提供しており、どのような製品を選択すれば良いのかわからない方も少なくないでしょう。もし、製品選びに迷われているのであれば簡単に運用ができる製品を選択されてみてはいかがでしょうか。製品の中には簡単に設置することができるものもあります。例えば工事などが必要なシステムを導入する際には土日にスタッフが対応しなければならない可能性が出てきます。そのため、スタッフに負担をかけるだけでなく、企業は導入をすることで人件費を支払わなければなりません。
製品の中には工事が必要ないものもあるため、そのような製品を購入すれば導入における負担は少なくなるでしょう。専用ソフトをインストールしなくても運用できる製品もあります。もし車両管理業務を行っているスタッフが多く、多くのパソコンが導入されている企業ならばソフトのインストールに時間がかかります。製品の中にはインターネットの接続環境があれば運用できるため、導入の手間を少なくできます。

動態管理システムを導入するための業者の選び方のコツとは

先程も述べたように多くの業者が動態管理システムを提供してくれるので、購入を検討されている方の中にはどのような業者を利用すれば安心して購入することができるのか、または安価に購入ができるのかわからない方も少なくないでしょう。選び方のコツとして一つ挙げられるのが導入実績があるかどうかです。業者の中には約800社に導入実績があるところもあるため、実績等も確認して業者を選びましょう。
その他のコツとしては安い価格で導入できるかどうかです。業者の中には販売だけでなく、レンタルサービスも提供してくれるため、企業の予算に応じて対応してもらうことができます。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

「いつでも」「どこでも」ネット経由で動態管理
動態管理サービス「docoですcarNEXT」

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )