0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

バスロケーションを運行会社は導入しよう

バスロケーションを運行会社は導入しよう

バスロケーションを導入して運行会社の悩みを解決しよう

公共交通機関が充実している日本では日頃からバスなどを利用して会社に出勤したり、お買い物にでかけたりする方も少なくないでしょう。東京都内などの日本の主要都市はもちろんのこと、地方の駅周辺や学校前にはバス停が設置されているため、都会や地方に関係なく多くの方が利用しています。また、公共交通機関のバスだけでなく、幼稚園バスも存在しています。現在では少子化になりますが、地域によっては子供を預けるところが少ない場所も存在します。しかし、地方においても幼稚園バスを利用して幼稚園に通っている子供は少なくありません。幼稚園バスがあることによって親御さんは子供を幼稚園まで送る手間を省くことができます。このようなバスの運行を運営している会社の中には悩みを抱えている方も少なくないでしょう。例えば運行状況を把握したいと思われていたり、バスの利用者の満足度の向上を図りたいと考えていたりするところもあります。
もしこのような悩みを抱えているのであればバスロケーションというシステムの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。バスロケーションを導入することによって運行状況が明確化されます。例えば運行状況を把握して運転手をサポートしているお仕事をされている管理業務のスタッフは運行状況を把握できるため、現在、バスがどのあたりを運行しているのかをパソコンで一目で確認することができます。利用者も同様に、運行状況を把握することが可能です。利用者の中にはバスの運行状況が不透明であることによって不安を感じる方もいるでしょう。例えばバスは電車とは異なります。異なる点として挙げられるのが支払い方法になります。電車は通常改札口前に自動券売機があり、それを利用して切符を購入することになります。また、現在ではお財布携帯や電子マナーの普及によって切符を購入しなくても改札口に搭載されているシステムを利用してお会計をすることができます。
一方でバスの支払いは下車する時になります。つまり、お金の支払いを運行しているバスの中で行われることになります。利用者の中には鞄からなかなか財布が見つからないため、お支払をするのに時間がかかることもあるでしょう。また、後ろの席に座っている方はお支払をするために運転手が座っている席の近くまで足を運んで支払いをすることになります。そのため、支払いに時間がかかることもあるでしょう。支払いが遅れれば当然、バスの運行をスムーズに行うことができないため、遅延などが発生することもあります。バスは出発点からだけお客様が乗るのではなく、各バス停でお客様が待っています。もし予定通りの時間にバスが来なければ不安を感じることは当然でしょう。バスの運行状況の不透明は利用者の満足度の低下に繋がりかねません。もしバスロケーションを導入すれば利用者に関してもバスの運行状況を確認することができます。これによってバスの運行状況の透明化を実現でき、利用者は遅延などがあった場合、柔軟な行動を取ることができます。

有事の際の対応に関する悩みもバスロケーションで解決できる!?

バスロケーションの導入は業務効率化や利用者の満足度向上だけでなく、有事の際にも活用することが可能です。日本では天災や災害が発生することがあります。例えば火災です。もし風が強く吹いている地域で火災が起きれば多くの家屋に燃え広がり家が燃えるだけでなく、停電などが引き起こることもあるでしょう。火災だけでなく、台風も同様になります。台風によって被害を受ける都道府県は過去を振り返っても数多く、停電だけでなく、洪水や橋が決壊することも珍しくありません。
地震が発生しやすい日本では様々な地震対策が行われていますが、そのような災害が発生した時も運行会社は早く業務を復旧できるように体制を整えておくことが求められるでしょう。バスロケーションを導入してれば緊急事態が発生した時も運行状況を管理者がリアルタイムで把握することができるので、業務を普及するために対策を講じることができます。また、お客様の安全も早く確保することができるでしょう。

バスロケーションシステムの製品の選び方のコツとは

バスロケーションシステムは現在では多くの企業が扱っており、導入を検討されている方の中にはどのような製品を選べば良いのかわからない方も少なくないでしょう。選び方のコツとしては簡単に導入ができるかどうかです。例えば簡単に導入ができれば通常業務に支障をきたすことなく導入できるため、運行会社のスタッフに与える負担は少なくなります。
製品の中には工事が必要ないものや、専用ソフトを一つ一つのパソコンにインストールしなくても使用できるタイプの製品があります。その他にも運用コストが少ないかどうかです。例えば製品の中には運用を全て請け負ってくれるところもあるので、運用に関する手間を少なくできます。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

クラウド型運行管理で問題を解決しよう!
バスロケサービス「docoですcar for BUS」

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )