0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

車両運行管理システムを導入しよう

車両運行管理システムを導入しよう

バス運行会社が車両運行管理システムを導入した時に得られる魅力について

車両運行管理システムの導入を検討しているバス運行会社は数多く存在しています。例えば公共交通機関でバスの運行をしている会社などが導入することによって数多くの魅力を得ることができるでしょう。さらに幼稚園バスを運営している園長においても導入することによって利用者の親御さんの満足度を向上させることができます。では車両運行管理システムを導入することによってどのような魅力を得られるでしょうか。例えば運行しているバスの透明化になります。通常、バスは遅延のリスクが高くなっています。遅延の対策を図るために日々努力している会社が多くなっていますが、完全に解消することは難しいでしょう。電車であれば一般道路を走行するケースは少なくなっています。確かに路面電車が走っている地域も存在していますが、路面電車においても線路が敷かれているため、車両よりも遅延のリスクは少なくなっています。
一方でバスは一般道路を走ることになります。確かにバスの専用道路などが都会などを中心に設置されているところもありますが、地方においては一般道路を通らなければならない場合も少なくありません。一般道路は線路とは異なり、様々な車両が走行することになります。例えば普通自動車はもちろんのこと、その他にもバイクや歩行者などです。それぞれの方が安全に走行または歩行できるように一般道路には数多くの信号が設置されています。もし他の車輌が割り込みをすれば急ブレーキをかけなければならないため遅延の原因になる場合があるでしょう。
遅延のリスクはその他にもあります。それは料金の支払い方法です。電車であれば改札口前に設置されている自動券売機で切符を購入して改札口を抜けて乗車します。一方でバスは運転手の横に設置されているお支払ができる機械で利用者は料金を支払うことになります。利用者の中にはお金を数えるのに時間がかかったりする可能性もあるでしょう。このように遅延のリスクがあるため、もし遅延をすればお客様の満足度は低下することが考えられます。車両運行管理システムを導入すれば利用者がスマートフォンなどから運行状況を確認することができます。例えばバス停で待っている方の中には会社に出勤するためにバスを利用しようと思われている方もいるでしょう。また、会社員の中にはクライアントと接触をするためにバスを利用している方もいます。もしバスが遅延をしていて、そのまま到着を待っていたら待ち合わせ場所に遅れてしまう事も考えられるため、クライアントに失礼な行動を取ることになりかねません。車両運行管理システムをバス会社が導入すればバスが予定時刻になっても到着しない時、スマートフォンからバスの運行状況を確認し、もし待ち合わせ場所に時間に間に合いそうにない場合は、公共交通機関を変えて電車やタクシーで目的地まで足を運ぶことができます。つまり、利用者は柔軟な行動が取れるので信頼性や満足度の向上を期待することができるでしょう。

運送業が車両運行管理システムを導入する魅力について

バス運行会社だけでなく、運送業を営んでいる会社が車両運行管理システムを導入することによっても魅力を得られます。それは有事の際の業務復旧です。有事とは天災や災害によって通常の日常とは異なる場面になります。
例えば一般道路を走行中に他の車輌が事故を起こし、渋滞が発生し、運送しているトラックが目的まで時間通りに到着することができないことも有事になります。また、台風や地震によって大きな災害が発生した時も有事になるでしょう。このような有事の際には早く業務を復旧できるようにしなければなりません。もし復旧が遅れれば他のクライアントに迷惑をかけたり、トラックを運転している従業員の安全を確保したりすることができなくなる可能性が出てきます。そのため、数多くの企業では有事の際に早く対応を取ることができるように有事が起こる前から対策をすることが求められるでしょう。
もし車両運行管理システムを導入すれば車両の運行状況を把握することができるので、いち早い復旧や運転手の安全を確保しやすくなり有事の際の対策を講じることができます。

車両運行管理システムの選び方のコツとは!?

車両運行管理システムはインターネットで調べれば、数多くの業者が運行会社や運送会社を対象に販売してくれます。数多くの種類の中で自社に合ったものはどのような製品なのか理解できない運営者も少なくないでしょう。
例えば通常業務に支障を少なく導入したい方は比較的簡単に導入できる製品を選ばれてみてはいかがでしょうか。例えば導入の手間が少ない製品は工事が不要であったり、専用ソフトをダウンロードしなくても導入できたりします。どうしても迷って選択できない方は購入ではなくレンタルサービスを利用しましょう。プランや条件が異なるのでよく検討してみましょう。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

導入実績多数!動態管理サービスでコストを削減
動態管理サービス「docoですcarNEXT」

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )