0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

アルコール検知システムの導入で正確な点呼を実現しよう

アルコール検知システムの導入で正確な点呼を実現しよう

正確なアルコール検知システムを導入しよう

日本でも普段からお酒を嗜んでいる人は多くいます。そのような中、気を付けなければならないことは飲酒運転に関してですが、近年では飲酒運転の取り締まりが強化されています。従来において罰則は軽度のものが多かったですが、飲酒運転による相次ぐ交通事故によって現在では罰則が厳しくなっており、点数によっては免停や免許取り消し、100万円以上罰金を支払わなければならないことも少なくありません。このように罰則規定を厳しくしても飲酒運転によって検挙される方は少なくありません。個人であれば自分自身で責任を取り、罰則規定通り罰金を支払ったりすれば問題ありませんが、運行業者等の企業においては会社の管理体制の問題に発展するケースも出てきています。例えば大型車両を運転して利用者を目的地まで送ったり、荷物を輸送していたりする会社は日本では少なくありません。当然、トラックやバスを運転する従業員は運転をする前に管理者はアルコールが体内に含まれていないか点呼をして、業務を遂行しなければなりません。もしトラックやバスを運転中に飲酒運転で検挙されれば本人が罰則を受けるだけではなく、会社の運営も厳しくなることも考えられる他、顧客離れや信頼性の低下を招くことも考えられます。何よりお客様や、周りの人々の安全性が失われますので、絶対にあってはならないことです。
既に運送業や運行業を営んでいる企業ではアルコール検知システムを導入しているところが多くなっていますが、現在使用しているシステムの正確性などに満足していない運行会社の管理者もいるのではないでしょうか。もし正確でなければアルコールが体内に含まれていないのにも関わらずアルコールが検出されたり、逆に体内にアルコールが含まれているのにも関わらず検出することができなかったりすることになります。そのため、正確な点呼を行うことができなくなります。そのようなことが起きないためにも、正確にアルコールを検出することができるアルコール検知システムの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。現在では精度が高く、アルコール以外のものに対して反応しづらい製品も販売されているので、正確な点呼を実現することができるでしょう。
また、通常、アルコール検知システムにはセンサー寿命があります。センサー寿命が短ければ当然、取替えや修理によってランニングコストの増加が懸念されます。そのため、運用コストの負担が高くなるため、企業の中には好ましくないと思われる方も少なくないでしょう。導入をする前に正確性だけでなく、センサー寿命などを確認してランニングコストに関しても考慮して製品を購入する必要がありそうです。長距離の運行をしなければならない企業も存在しています。例えばバスにおいては高速道路を走行して遠い場所まで利用者を送るところもあるでしょう。また、輸送をしている会社ではいくつもの都道府県を跨ぎ、目的地まで走行するトラックもあります。場合によっては数日間本社まで帰宅することができないトラックもあるでしょう。このような企業では再点呼が必要になるでしょう。アルコール検知システムの中にはインターネット通信を介して携帯電話やパソコンからドライバーの健康状態を把握することができるので、長距離を走らなければならないトラックにも対応することができるでしょう。

クラウドのアルコール検知システムについて

点呼だけでなく、クラウドのアルコール検知システムを導入すれば管理業務をしている従業員は多くの魅力を得ることができます。クラウド上で保存されていることによって時間や場所に関わらず点呼状況の閲覧をすることができます。例えば運送業を営んでいるところでは複数の営業所を抱えているところもあります。そのような会社では管理者が一度に点呼の集計内容を見られなければ不便に感じるところもあるでしょう。クラウドでデータを管理することによって数多くの営業所がある企業でも本社から点呼状況が確認できるため、今まで電話を利用して各営業所に点呼状況の確認を行っていた企業でも簡単に従業員を把握できます。データが見られることによって点呼記載事項の不備、点呼記載義務違反なども確認できるため、もしこのような不備や違反が発生した時は運転手に連絡を取り適切に点呼を行うように管理者は指示することができます。

アルコール検知システムを導入するための業者の選び方のポイント

現在では数多くの業者がアルコール検知システムを販売、レンタルしてくれるので、購入を検討されている方の中にはどのような業者を選択すれば良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。
選び方のポイントとして挙げられるのが導入事例を見てどのぐらいの企業に導入した実績があるのかを確認することになります。実績があればあるほど点呼に関する悩みや相談に対してしっかりとした返答を返してくれる可能性が高くなります。また、初めて導入をする方でも実績があることによって安心して導入できるでしょう。インターネットだけでなく窓口でのサポートも行ってくれるので直接伺いたい方は窓口を利用できます。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

点呼業務を無駄なく確実、効率的に
アルコールチェック・IT点呼サービス「docoですcar Guardian」

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )