0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

クラウドシステムの導入で安全運転をサポートできる

クラウドシステムの導入で安全運転をサポートできる

安全運転をするためのクラウドシステムについて

現在ではIT分野の進歩が目覚ましく、例えばゲーム分野においてはテレビ画面を見ながら楽しむのが一般的でしたが、現在ではVRなどの登場によってまるで自分がゲームの世界に入り込んでいるようにプレイをすることができます。ゲームの分野だけでなく、クラウドシステムの登場によって数多くの企業や個人は利点を得ているでしょう。
クラウドシステムを導入している企業は複数ありますが、運送業者やバスの運行会社もその一つになります。例えばバスロケーションシステムがあります。バスロケーションシステムを導入すればクラウド上にバスの運行状況をアップデートして幅広い方が運行状況を知ることができます。運行状況を知ることができるようになったことにより運転手は焦らず安全運転を実現できます。さらに有事の際には素早い対応が実現できるという利点もあります。
日本では自然災害に見舞われる地域が多くなっています。特に地震による災害が近年増加しています。また、風が強い日に火災が発生すれば他の家屋にも炎が燃え移り、甚大な被害が発生する可能性があります。バスの運転手は基本的に運転に集中しているので、このような災害が起きている地域を通過する際には事前に管理業務をしている方が知らせることになります。しかし、もし運行状況を把握することができなければ運転手や乗客の安全を確保することができません。バスロケーションシステムを導入すればバスの運行状況が管理業務を担う従業員側で把握できるため、走行先で火災や災害などが起きている時は事前に伝えてルートを変更したりすることができるでしょう。そのため、運転手は落ち着いて安全運転を実現することができます。
また、アルコール検知システムも現在では数多くの運送業や運行業を営む企業では導入されています。現在では飲酒運転の取り締まりが強化されています。以前において数多くのメディアが報道していたように飲酒運転による事故が相次ぎ、罰則強化が過去に急がれ現在では100万円以上の罰金や運転免許の取り消しなど、罰則規定が厳しくなっています。その理由はアルコールによって安全運転が損なわれるからです。アルコールを飲んで飲酒運転をした場合、注意が散漫になり視界が狭くなるため、アルコールを飲んでいない人に比べて歩行している人が見にくかったりします。個人で飲酒運転を引き起こした時は自分で責任を取ることになります。しかし、運送業を営んでいる企業においてはもし運転手が飲酒運転をした場合、安全運転が損なわれるだけでなく、検挙されれば会社の信用が低下し、利用者離れの一因になる恐れがあります。このようなリスクを低下させるためにアルコール検知システムを導入して、正確な点呼を図っている企業は数多くいます。正確に点呼をすればアルコールが体内に含まれていないことを確認することができるので、運転手は安全運転をして荷物を目的地まで運ぶことができるのです。

クラウドの運行管理システムを導入すれば利用者にも多くのメリットがある

運行業務をサポートするシステムは安全運転を実現するだけでなく、利用者にも多くのメリットを与えてくれます。例えば幼稚園バスです。幼稚園バスは幼稚園児の送り迎えをするために走行するバスになります。基本的に幼稚園児を迎える時間帯は地域によっても異なりますが、7時から8時に運行しているところが多くなっています。平日のこの時間は出勤をするために車を利用している方も少なくないため、渋滞などが発生すれば遅延の原因になります。そのため、幼稚園バスのバス停で待っている親御さんの中には遅延をすると既にバスが行ってしまったのではないかと不安を感じる方も少なくありません。
もしクラウドの運行管理システムを導入していればそのような状況が発生した時も親御さんはスマートフォンやタブレットから幼稚園バスの運行状況を確認することができるので、遅延が発生した時も不安を感じることなくバスの到着を待つことができます。また、バスが近づいたらメールなどで知らせてくれる機能も搭載されている製品もあるため、バスの到着時間を過ぎてしまい自分で子供を幼稚園まで送る手間を削減できるでしょう。

クラウドのシステムは導入時の負担を軽減してくれる

クラウドの最大のメリットは導入する際に負担が少ないことになります。専用ソフトをインストールしなくても購入者は利用することができるので、導入時に一つ一つのパソコンにソフトをインストールする手間を少なくすることができるでしょう。
また、メンテナンスに関する手間も少なくできます。運行状況を確認する時は地図が表示されその地図上にバスの運行状況が示されることになります。そのため、地図の更新が必要です。街は新しい建物が建ったりすることもあります。地図の更新には費用がかかることもありますが、システムの中には無料で更新してくれるタイプの製品もあるため、ランニングコストを少なくできるでしょう。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

「安全運転指導」で事故の原因を改善
クラウド型安全運転支援サービス「docoですcar Safety」

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )