0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

輸配送進捗管理システムを導入しよう

輸配送進捗管理システムを導入しよう

輸配送進捗管理システムについて

輸配送進捗管理システムの導入を検討されている方もいるのではないでしょうか。例えばそれと似たサービスとして、動態管理システムがあります。動態管理システムのオプションサービスとして利用できるところもあります。基本的には運送業を生業としている企業が導入するもので、GPSを利用して位置情報を確認することができます。では、運送業を行っている会社はトラックの位置情報を把握できることによって、どのようなメリットを得られるのでしょうか。
例えばトラックの状況を把握できることによって、お客様のサービス向上を期待できます。配送中にもしお客様から要望があった時にその地域周辺を走っている運送車両に管理業務をしている方が指示を出し、お客様の要望に応えるために荷物を他のお客様より早めに届けることができたりします。集荷の依頼があった場合でも、ご依頼された場所に最も近い場所にいる車両を確認し、運転手に指示を出すことで手配することができます。
また、GPSでトラックの運行状況を確認することができれば、有事の際にも活用することができるでしょう。例えば日本では火災などが起こることもあります。通常の火災であれば住宅地を全て焼き尽くしてしまう前に消防車が出動して消火にあたってくれるでしょう。しかし、もし風が強い日に火災が発生すれば当然風によって次々に炎が他の住宅に移り、多くの家屋が損傷してしまう恐れがあるでしょう。また、日本は地震大国になります。企業において地震対策は急務になっているでしょう。実際に未来においても首都直下型地震や南海トラフ巨大地震が発生することが懸念されており、建物は当然のことながら、運送業を営んでいる企業においても有事の対策に追われているところはあります。もしそのような企業が輸配送進捗管理システムを導入すれば、リアルタイムでトラックの走行状況を確認することができるので、もし通過地点に火災などが発生している時はルートを変更し、遅延の可能性を少なくすることができます。また、運転手に的確に指示をすることによって、運転手自身の安全を確保することができることもあるでしょう。
また、輸配送進捗管理システムでは配送計画に対しての進捗状況を管理できます。例えばこれによって遅れなどの発生を事前に管理人は見つけることができるでしょう。従来においては配送する時間指定をすることができませんでしたが、現在では通販サイトを利用して時間指定を行い、自分が家にいる時に届けてもらうことができます。時間指定に対応している運送業の会社は多くいますが、もし遅れてしまうとお客様に迷惑をかけてしまうことになります。直接お渡ししなければならない荷物があります。例えば冷凍保存されている食品や家電製品などの商品になります。もし遅延が原因で荷物の受取人が外出してしまい配送できなかった場合、受取人はポストに入っている紙を確認して再び配送をお願いしなければなりません。輸配送進捗管理システムを導入して予め遅れを気づくことができれば、遅れの時間を取り戻すように運転手に指示することができるので、お客様のサービス向上に役立てられます。

輸配送進捗管理システムに搭載されている機能について

輸配送進捗管理システムを導入すれば様々な機能があるため、多くの機能を用いて業務効率の向上やお客様からの信頼アップを期待できます。例えば輸配送工程をトータルで管理することができる機能です。絞り込み検索機能も搭載されているので、特定の車両の輸配送工程を瞬時に確認することができます。
また、VICS道路交通情報を活用することができるので、算出した到着予想時刻を確認することができます。また、配送時間に関してはガンチャートで確認することができます。ガンチャートで確認できれば視覚的に実際の進捗の遅れなどを管理できるため、管理業務の軽減も期待することができます。輸配送進捗管理システムには履歴を一元管理できる機能も搭載されています。履歴を見てもし効率の悪いルートを通って配送している時は指示をして効率の良い配送ルートを通るようにアドバイスをすることができるでしょう。

輸配送進捗管理システムを導入するための製品の選び方のコツとは

輸配送進捗管理システムの導入を検討されている方の中には数多くの配送管理システムがあるため、どのような製品を導入すればより多くのメリットを得ることができるのかわからない方もいるのではないでしょうか。例えば導入がしやすいものを選択したい企業ではクラウドシステムが採用されている輸配送進捗管理システムを導入されてみてはいかがでしょうか。
クラウドであればインターネット接続環境が構築されていればアクセスするだけで導入できるため、効率的に導入をすることができます。また、パソコンに限らず様々な端末でアクセスすることができるので、端末に左右されることなくシステムの運用が可能です。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

輸配送状況を「見える化」して把握!
「docoですcar」輸配送進捗管理サービス

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )