0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

走行管理で使えるドライブレコーダーのメリットや注意事項

走行管理で使えるドライブレコーダーのメリットや注意事項

走行管理できるドライブレコーダー

お店に行くとカーナビやオーディオなど、様々なカー用品が出回っています。時には予想以上に高額になることもありますが、特に最近人気が出ているのがドライブレコーダーです。急激に走行管理の一環としてドライブレコーダーを導入している人が多いですが、カーナビを提供している大手メーカーでも開発を行っています。数多くの企業が市場参入している中で、色々な注意事項もあるので把握しなければなりません。
ドライブレコーダーが人気を集めている理由として、もしも事故に遭遇した時に証拠として映像を残していくことができる点があります。車対車だけでなく、歩行者や自転車などと接触してしまった事故に関しても、ドライブレコーダーが証拠になる場合があります。これが第三者が近くにいない時、目撃情報が一切無い時に有効にばることも考えられます。記憶が曖昧になった時には証言ができずに不利になることもあるので、過失の割合を平等に判断するためドライブレコーダーが大いに活躍します。相手が悪気が無くても、思い込みで話されることもありますので役立ちます。自動車保険も制度が変わっているので、余分に保険料を徴収されないように検討していきましょう。
また警察が誤認で検挙してしまった時、走行管理に関する情報を見せることができます。抑止力もそこで働くので、ドライブレコーダーの映像をきっちり見せることで解決となる場合があります。誤って摘発しようとしてきた警察に対して、証拠として活用できるのです。さらに、個人だけでなく、ビジネスでも活用できる場合があります。
様々なトラブルから自分の身を守っていく方法としてドライブレコーダーを搭載している人も多いですが、記載されている注意事項をしっかりと守るようにしましょう。そうすることで、より快適なドライブも楽しめ、走行管理を行っていくことができます。

様々な業界で活用されている

ドライブレコーダーというのは、一種の保険のようなものです。走行管理を行うことによって、対応できて良かったと感じるシチュエーションも少なくありません。安いドライブレコーダーでも十分機能するので、様々な業界で活用されています。
例えば運送などの物流業界では、ドライブレコーダーを活用して動態管理を行うことができます。提供している企業でもサービスを利用できるようにシステムを構築していますが、物流業界でのメリットとして利用者からの納品に関する問い合わせに対して応対できるようになります。納品に関してスケジュールをチェックしていくと厳しいと感じてしまうことがあります。例えば渋滞であったり、事故などで遅れてしまうことがあります。そこでドライブレコーダーに搭載しているネットワークなどを利用すると、対策が素早く取ることができます。また運行状況も確認することができるため、リアルタイムで適切な運行に関する管理が可能となっています。ステータスをチェックするだけでなく走行管理も可能なので、労務管理やドライバーの安全運転に関する指導を行えるようになっています。
そして高速バスにおける交通業界でもドライブレコーダーは活用できますが、これは走行管理や動態管理、さらにネットワークを利用してロケーションサービスを活用することができます。どこにいるかすぐに判断できるとともに、長時間運転することもあるドライバーの管理も行うことができます。それぞれ機能性に優れたドライブレコーダーは、時には様々な業界で利用されています。重要性が増している走行管理の中で重宝されているので、企業で取り入れる時に利用手段を見ながら検討していくのもいいでしょう。

主なドライブレコーダーの注意事項

ドライブレコーダーを利用する時、色々な注意事項もあるので注意しなければなりません。例えば走行管理として活用することができますが、ドライブレコーダーの取り付け方を間違えてしまうと全く効果がないケースがあります。試験走行などを行いながら、本当に記録することができるかチェックしておくようにしましょう。
しかし、ここで録画等について注意事項があります。それは淡々と録画や録音を行うので、記録として全く関係のない個人が写っていることもあります。事故などで証拠映像としてドライブレコーダーの内容を提出することもありますが、これがメディアなどで紹介された時に写っているとトラブルになってしまうこともあります。しかしながらドライブをして、旅行の記録にも活用できるドライブレコーダーを有効活用したいものです。
その他にもドライブレコーダーでは注意事項が色々とあります。例えば室内の状況が丸分かりになってしまうことがあります。常に正直に記録をしていくので、ダッシュボードなどもドライブレコーダーで録画されていることがあります。声も録音されているので、決して漏らしてはいけない情報などを記録してしまうこともあります。事故になった時に乱暴な気質が出てしまうこともありますので、不利な状況で運転をしないようにしましょう。
さらに信号が全く映らないこともあります。古いドライブレコーダーだと録画などを行った際に点灯するLEDランプが、しっかりと認識することができません。主に波長が原因となっていますが、同期が合致していなければ信号無視をしていると誤認される可能性もあります。また、近年ではクラウドと連動したものもあり、ドライブレコーダーの技術は日々進歩している状況にあります。快適かつ安全な運転ができるよう、ドライブレコーダーを活用していきましょう。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

映像を高速転送し、ストレスない安全運転支援が可能です
ドコモ高速LTE搭載のドライブレコーダー【docoですcar Safety】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )