0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

IT点呼によるドライバー健康管理と事故防止

IT点呼によるドライバー健康管理と事故防止

高齢者問題と多様なニーズの配送システム

輸送業における運転従事者の人口は、低迷の一歩をたどっていると言われています。一般的に運転従事者は人気のある職業とは言えず、さらに需要と供給が追い付いていない事から、過度な勤務が課せられるという悪循環が懸念されています。また、運転従事者には定年制がない為に、高齢のドライバーを雇い入れるといった事業者も多く見られ、こうした高齢者による事故が多発しているのが現状と言えるでしょう。特に大きな死亡事故は、こうした高齢ドライバーが起こす事故が多く見られ、高速を逆走したり小学生の列に突っ込むような死亡事故例が後を絶ちません。交通運輸局ではこうした事態を踏まえ、高齢者には自動車免許更新時に認知の検査などを義務付けしています。しかしながら、現状はいまだ自主返納率も低く、さらなる高齢運転者の対策を考えていかなければならない状況です。
また、高齢者問題だけに限らず、運転従事者による需要と供給のバランスが崩れているのも、大きな原因と言えるでしょう。少し前までの流通経路と、現在の流通は少し様変わりを見せており、多様化の配送による運転者不足が起こっています。これはインターネットが普及した今、わざわざ街まで買い物に足を運ぶ人の減少によるものが大きいと言われています。近頃のネットショッピングでは、低価格の品物であっても1つから配送するシステムが確立されており、こうした現状において1件のお宅に何度も足を運ばなければならないという状況が、この配送業を複雑化させているのです。また、送料無料のつけが配送業に回っている事が多く、そうした会社が運転従事者に対して、それ相当の賃金を支払えないという状況が、事態をさらに悪化させているようです。

IT点呼とドライバーの管理体制

運送業では、昨今大きな交通事故が起きた場合に、最初に追及されるのが会社の管理体制です。問題のある会社では、運転者に対して無理な勤務や大幅な労働時間の延長などが行われており、大きな社会問題になっています。こうした問題を抱えている運輸業や運送業に、若者が就きたいはずもなく、運転者人口の増加が得られずに、さらに事態が悪化していると思われます。こうした経緯は、業界の自浄作用が発揮できないことがあり、経営者が自ら率先して働きやすい業界に作り上げなければならないのです。現在こうした問題に対して、インターネットなどを活用した管理システムが話題にあがっています。システムによって管理する事は、現在たいへん重要な課題として注目を浴びているのです。
現在注目を浴びているものの中に、IT点呼ソリューションというものがあります。これはインターネットを介して行われているもので、現在は専用のクラウドシステムを用いたものが、最先端の技術として紹介されています。クラウドシステムとは、会社に特殊なコンピューターサーバーなどを必要とせず、すべてインターネットを介して、情報が取り扱われるシステムの事です。端末に専用の機器などの必要がないのが利点で、インターネットに接続できる端末があればいいのです。つまり、現在所持率の高い端末であるスマホは、こうしたクラウドサービスによって格好のアイテムとなっています。ビデオ機能も付けられていますので、これまで運転管理者を置き、特定の場所で行っていた点呼なども、IT点呼などで運転従事者の確認がリアルタイムで行えるようになってきました。

管理体制の強化で事故は減る

管理体制の中でも特に強化したいのが、運転従事者に対する安全対策でしょう。特に会社に勤めるドライバーは、会社にとってサラリーマンと違いはありません。特に役職がついてくると、その責任も増しメリットもありますが、自己犠牲によって会社を守るという傾向も強まる可能性があります。こうした人材に対して自己管理を促す職場では、自己責任という考えの甘さから、会社も見て見ぬふりをし、そのあげく事故につながるといった結果を招く事も考えられます。こうした中で、新たな試みとして「スリープバスター」や「ドライブリズムマスター」といった機器も開発されており、運転従事者の安全を確保するための取り組みとして行われています。
実際に、こうした機器を運転者に取り付ける事で脈動センサーが働き、本人の自律神経の変動が感知され、その予測によって運転者に画像や音で、それを知らせるというシステムになっています。このシステムのいい所は、疲労度や集中度、緊張度といったものが、数値で測れる仕組みになっているところです。本人にはそうした自覚がなくとも、センサーによって指示が出るために、休憩を行ったりする事で、未然の事故を防げるというものです。無自覚である眠気や疲労などは、運転者やその家族にとっても、恐ろしいものであると、会社が認知させなければなりません。こうした管理システムは、昼夜問わず行えますので、夜間の作業の多い従事者はこうしたシステムによって、安全を確保できるだけではなく、それを雇用している事業者も前もって安全を把握し、確認が行えますので、未然に事故を防ぐことができます。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

確実な点呼業務を実施しムダを削減しよう!
精度が高く業務を効率化できる点呼管理サービス【docoですcar Guardian】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )