0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

運行中のバスの情報が一目瞭然のバスナビのメリットを知る

運行中のバスの情報が一目瞭然のバスナビのメリットを知る

今日の交通事情に欠かせぬナビゲーション機能

今日ほとんどの自家用車や営業車に搭載されているナビゲーションシステムは、車体に搭載したGPS機能を用い、自身の現在位置から目的地への走行ルート情報のインフォメーションが、リアルタイムかつ小刻みに確認できる、旧来のロードマップの最新進化形と捉えられます。一昔前のように広げた道路地図へ幾度も視線を落としての運転は危険度も高く、昨今のスマホ運転と根本的には同様の高いリスクが潜んでいる事に私たちが気づかされたのも、ナビゲーションシステムの普及が間接的に大きな役割を果たしたからに他なりません。
この優れた情報システムを応用し、路線バスや送迎バスなどの営業車に用いたバスナビもまた、日々数多くの運行管理会社の積極的な導入が続くシステムです。GPS機能で運行中の各車両の現在地を管理者側ならびに利用者側が手元のパソコンやスマホに送信される情報で確認し、運行管理者側はより完全確実な管理業務の実践プラス、利用者各位が求めるリアルタイムの情報提供サービスがかなうメリットが見逃せません。
とりわけ刻一刻と想定外の変化を見せる道路交通事情の中、路線バスの時刻表通りの通常運行が非常に困難である事は、利用者側も重々承知の事実です。同時に予期せぬトラブルによる遅延は、どれだけ熟練の運転士であったにせよ、乗客を待たせてしまっている精神的な焦りが、無意識の中で安全運転に悪影響を及ぼさないとも限りません。バスナビを通じて関係者全員が共通の情報を共有可能な環境が、こうした不測のリスク回避に大変有効であり、まだ導入を実施されていない運行管理者各位に強くおすすめする理由です。ここではバスナビ導入に関し、ぜひ押さえておいていただきたい基礎知識を中心に紹介します。

利用者への配慮でリスクを廃除

一般的なカーナビ活用の主目的は、運転手が目的地へ最短最速確実に到着可能なルートをリアルタイムで確かめる事ですが、運行ルートが決められた路線バスや送迎バスの場合、管理者及び利用者双方が運行中のバスの現在地情報を常時確認可能な環境を整える点に集約されます。到着予定時刻を過ぎても一向にバスの姿が見えない、我が子を乗せた送迎バスが予定時刻を過ぎても現れないとなれば、乗客や保護者の不安は大きく募って当然であり、度重なれば運行責任者へのクレームにもつながりかねません。さらに問い合わせに対して即答に窮してしまえば、質問者側の心情にともった不信感なる火に油を注ぐ結果となり、何より管理者側としてはいただけぬ対応です。
こうした悪意なき悪循環が招くデメリットを回避する上でも、自社が運行中のバスへのバスナビ導入がお薦めです。随時運行車両の現在地を確認できれば、利用者からの質問にもスピーディーに回答が可能であり、こうした情報をユーザー側と共有できれば、不安感の芽生え自体を抑える事もかないます。さらには細やかな情報配信サービスを提供する姿勢が高評価から信頼度アップへとつながれば、相互信頼関係の構築からの継続にもつながります。バスナビは安全確実な運行状況の管理とニーズにマッチした情報提供サービスのみならず、運営者と利用者間のコミュニケーションツールの役割をも果たす優れたシステムです。
この注目のシステムの普及に日々尽力し、確かな実績で知られる専門業者の公式サイト上には、自社提供サービスの具体例の紹介など、今から導入を検討される方々にとって有効な資料や説明が配信されています。

専門業者が届ける確かなメリット

バスナビ関連情報や資料を収集し検討を重ねられる中、自社へ導入する必要性を確かめられたのであれば、次は具体的な導入計画の構築となります。既に依頼先の専門業者も絞り込みを終え、いよいよ費用面などを視野に入れる段階となれば、積極的な質疑応答すなわち担当者とのコミュニケーションが欠かせません。この段階で多くのバス運営管理者側の方々に芽生える疑問点であり不安点として、バスナビの管理操作が例えば航空機の管制塔レベルの複雑な作業を伴うのでは、機械類が苦手なスタッフでは対応が難しいのではないか、など導入後への懸念が挙げられます。自社が利用者に情報を配信する立場故、当然芽生える疑問に違いありませんが、こうした不安は一切無用です。
バスナビを用いての利用者への情報配信対応は全て専門業者側の管理実践であり、運行管理会社と利用者双方が同一情報を共有する事で、運行中のバスの現在地、現地到着間近であるインフォメーションから無事到着の確認などがかなう情報配信サービスです。仮に利用者から運行管理者側に直接問い合わせなどが届けられた場合にも、共有情報を双方が確認可能な環境での質疑応答となり、ミスインフォメーションのリスクも見当たりません。大切な乗客を運ぶバスの運行に際して不安が生じる理由として、他の数多くの走行中の車の中に紛れ、現在地点が確認できない状況が見逃せません。バスロケは旧来の臆測や推測に基づく運行管理のデメリットとリスクを払拭する上で、絶大な役割を果たす画期的なシステムです。"


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

導入らくらく、バス利用者に「快適」「便利」をお届けします
簡単に導入できるバスロケサービス【docoですcar for BUS】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )