0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

走行管理とその安全基準対策にはドライブレコーダー

走行管理とその安全基準対策にはドライブレコーダー

走行管理の安全基準

走行ドライバーは、事故を起こさないためにも、交通法規をよく守り、走行時の安全を確保しなければなりません。車は動く凶器とも言われるほど、第三者の安全を脅かす危険性のあるものなのです。運転従事者には運転免許証を所持し、交通運輸局の定める交通法規にのっとって運転を行わなければなりません。現在日本の運転免許制度では、ドライバーの違反履歴によって、一定の年数で免許更新が行われていますが、そのほとんどが5年更新や3年更新などで、免許を失効すると運転自体を行う事ができません。普段、自動車運転を行わないペーパードライバーとにとっては、痛くもかゆくもない問題ですが、ご自分の職務において車を常時運転する職業にとっては、これは死活問題になると言えるでしょう。日本の運転免許制度は、罰則によっての減点制度ですが、これらは違反を犯すたびに累積していきますので、日頃のささいな違反も気を付けて運転しなければなりません。
安定した運転を行うには、危険のない運転を心がける事が大事です。まずスピードの出し過ぎは、車が急に止まれない事も含め、非常に危険な行為で、最高速度を超えるような運転は行ってはなりません。特にカーブがある場面では、速度以上に慣性によって車や荷物などが外へ重心を置きますので非常に危険です。また街中などでは一時停止を徹底させる事も大事で、横断歩道前や交差点に進入する時はもちろんの事、見通しの悪い場面では必ず一時停止を行います。特に四差路などでは、各方向で見通しの悪い場所が存在していますので、巻き込まれる恐れもあるのです。こうした事故を起こしやすいとされている場面を想定して、気を付けながら運転するよう心がけましょう。

走行管理の基準にドライブレコーダー

ドライブレコーダーとは、本来事故時の衝突などの衝撃によって、録画や録音の保存が行われる装置で、本来は事故後の処理に活用されていた装置です。現在ではその考え方も変わってきており、これまでの自家用ドライブレコーダーの他にも、運転中に常時録音されるタイプの業務用ドライブレコーダーも増えてきました。業務用のドライブレコーダーは、自家用のタイプとは大きく異なっており、常時録音ができるようになっています。これによって事故後だけではなく、事故直前の様子がわかりますので、事故状況を把握するのには大変役立っていると言うわけです。また、ウインカーの作動状況やブレーキの作動状況などの他、アクセルの状況を把握できるもので、スピードや加速などの細かな部分にまで、データの把握ができるものがあります。
最新の機種では、このドライブレコーダーにGPS機能を取り付けているものもあり、車両の位置情報の他にも、アイドリング状況や走行距離も把握でき、最高スピードの記録まで残す事ができます。これによって、事故発生状況の把握だけではなく、危険運転を回避する上での基準となるドライバーの、運転教育や走行管理も行う事ができるのです。また、最新のドライブレコーダーには、個人認証を行う為のカードリーダーも付いているものがあります。これはなりすましを防ぐ意味合いだけでなく、ドライバー個人の運転のくせを見抜く事もできます。本人認証が確実に行えるほか、音声ガイダンスによって危険の注意喚起を行いますので、事故防止に優れた活躍をしてくれるでしょう。

安全運転支援と走行管理

ドライバーにとって、危険な運転をしないという事が一番の運転基準となりますが、個人によって運転方法やマナー、癖などは全く違うものと言えます。運行会社にとって、個人の運転レベルの管理は厄介なものであり、きちんとした走行マニュアルを作っておかないと、確実な事業活動を行う事ができません。運転管理システムの導入は、こうした難問にも簡単に解決の道を開いてくれるもので、車両に搭載されたドライブレコーダーや、スマートフォンのGPS機能を用いて活用するほか、各種センサーを利用して運転従事者の動向をチェックする事ができます。車を取り扱う業務では常に難しい問題であった「交通事故ゼロ」への道も開いていけるものと思われます。
運転管理システムの導入は、個人のドライバーを管理してくれるもので、これは新規の運転者や長期に従事しているベテラン運転者に関わらず平等に行われるものです。ナビゲーターによって、即時に危険察知ができますので、運転ドライバーはナビに沿って行動を修正する事ができます。
また、こうした運転者の動きが全てデータに保存されますので、これらのデータを一元管理する事で、運転診断にかける事もでき、その結果をドライバーに知らせる事で、自分の運転技術や危機管理の不確かさを、新たに知る事もできるわけです。走行時における運転診断は、急ハンドルが行われていないか、強いブレーキが頻繁ではないか、ウインカーが適切に出されているか、きちんと停止線で止まれているかなどを数値として出す事が可能で、各項目でスムーズな運転ができているかを把握することができます。


※関連リンク
車両運行管理の各種サービスはdocoですcarで!
車両運行管理サービスdocoですcar HOME

映像を高速転送し、ストレスない安全運転支援が可能です
ドコモ高速LTE搭載のドライブレコーダー【docoですcar】

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )