動態管理・車両運行管理のトータルサポーターdocoですcar

通信型ドライブレコーダー

0120-861-374

受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )

2019.02.14

通信型ドライブレコーダーを活用し、社用車の事故防止対策を考える!

社用車を持つ企業がもっともと気にすることは、勤務中の事故ではないでしょうか。ドライバー本人の安全はもちろんのこと、対人や物損など、事故の状況に応じた対応が必要です。さらに、社名の入った車であった場合は、周囲に会社名を認知され、信用を落とすことにもなりかねません。
企業にとって事故発生ゼロを維持することは最優先事項です。そのため、多くの企業が事故防止を目的とした対策を採っています。しかし、その効果がなかなか上がらないのが実情。その原因はどこにあるのでしょうか。このコラムでは、事故防止のために企業内でどんな対策ができるかを考えてみます。

1.社用車事故を防止するために企業が行っている取り組みとその問題点

社用車ドライバーを抱える多くの企業では、事故防止の取り組みを日常的に行っています。方法としては、次のような防止策を取っている企業が多いのではないでしょうか。

○社内における「安全運転PDCAサイクル」を確立させる
○それにより、ドライバーに対する安全運転教育の実施する
○ドライバーの安全意識を向上させる

またこれらの取り組みには、多くの企業がドライブレコーダーを活用しています。しかし、なかなかその効果が上がらないという声もよく聞きます。それは、上記のような対策を遂行するには、次のような問題点・課題点があるからです。SDカード型のドライブレコーダーを活用しているケースを例にとってみましょう。

・SDカードから映像を取り込むのに手間がかかる。
・どの社用車を誰が運転していたか、正確な把握がむずかしい。
・車が帰社してからでないとカードが入手できないため、運用に手間がかかりチェックが実施できない。
・チェックができないと、具体的な問題点の指摘や安全運転指導ができない。そのため、ドライバーの安全運転に対する意識も向上させづらい。

その結果、事故の発生や再発の可能性が高いままになってしまいます。

2.社内で実施できる事故防止対策

(1)ドライバーの安全運転ランキングを活用する
ドコモの通信型ドライブレコーダーを使用しているある企業では、各ドライバーの運転診断の得点順に、ランキングを発表しています。「ドライバーさんにとってはちょっとツライかも」とお思いになった方もいらっしゃるかもしれません。
このランキングは、点数が低かったことを責めるための材料ではなく、この一カ月間、どんな運転傾向だったかを把握するためのもの。よりよい運転に改善するための取り組みです。
下位になったドライバーについては、どんな運転をしていたのかをドラレコの映像を振り返って確認することができます。管理画面を見ると、危険運転があったドライバーにはマークがついているので、クリックするだけでその人の映像を再生できます。「突然割り込まれたための急ブレーキだったのか」「今月は混雑する道路を運転することが多かったのだ」など、現場の状況を把握できます。

Aさんはいつも上位にいるのに今月はランキングが低いなとか、Bさんは毎月下位にいるなとか、安全運転指導が必要なドライバーは誰かを容易につかめます。

SDカード型ドラレコだと帰庫後に映像をパソコンで見ることになるので、事故後の状況確認になってしまいますが、通信型のドラレコだと遠隔地からでも映像確認ができるため、こまめに運転状況を把握することができ、事前の事故防止対策に大いに活用できます。

(2)ドライバーの安全運転への意識をあげる
前項でご紹介した安全運転ランキングを発表している企業では、ランキングがなかなか上がらないドライバーから、「どうやって運転すればよいのか」という相談を受けることもあるんだとか。自分自身の運転を知り、それを改善するという、ドライバーの意識改善は事故防止にはとても重要です。

運転診断レポートを上手に使えば、ドライバーの運転のクセ(傾向)を見ることもでき、“やさしい運転”への具体的なアドバイスができます。

安全運転指導は、指導者の主観や印象ではなく、客観的なデータに基づいて行いたいものです。運転診断レポートを使えば、「ドラレコで日常の運転を記録」⇒「レポート内容をチェック」⇒「安全運転のための教育」という「安全運転PDCAサイクル」を回すことができ、さらなるドライバーの安全運転への意識を向上させることが可能です。

3.まとめ

ドコモの通信型ドライブレコーダーの運転診断を、ランキングや診断レポートという形で上手に活用することにより、社用車のドライバー一人ひとりの安全運転意識を高めることができます。この意識改善が事故防止につながります。さまざまなドライブレコーダーがある中で、必要な部分の映像確認が効率的に行えたり、的確な運転診断ができたりするのは、通信型ドライブレコーダーのメリットのひとつです。

docoですcar に関して
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-861-374

ドコモ・システムズ株式会社 docoですcar 担当
受付時間:月曜〜金曜 ( 10:00 〜 17:00 )