導入事例

株式会社KDC様

KDC
社名
株式会社KDC
所在地
大阪府大阪市西淀川区千舟3丁目3-2
拠点・従業員
6拠点・188名(平成28年4月1日現在)
URL
http://www.kdc-jp.com/
事業内容
情報処理及び情報提供サービス 、ソフトウェアの開発・設計・作成・保守コンピュータの技術に関するコンサルティング、コンピュータ機器の販売労働者派遣事業、有料職業紹介業
通信機器の故障機に関する物流業務

どのような経緯でsMeetingを
導入されましたか?既存のシステムでは、映像や音声が不安定になることが多々あり、
社内の利用者からも不満の声があがっておりました。

もともと、当社では、他社製品のWeb会議システムを利用しておりました。既存のシステムでは、映像や音声が不安定になることが多々あり、社内の利用者からも不満の声があがっておりました。また、ルーム制のシステムだったので、Web会議室の空き状況により、利用できない時間が発生するなど、有効活用できてないという課題もありました。これらの課題を解決するため、新たなWeb会議システムの導入を検討しました。

sMeetingを選んだ理由はなんでしょう?トライアル運用してみた結果、当社環境でも遅延なく安定した品質で
利用できると判断できたので導入を決めました。

システムビジネス部 Mア 様

「安定した品質」「セキュリティレベルが高い」の2点で選びました。
まず、ドコモ・システムズ社のWeb会議システムは、ルーム制ではなく登録ユーザ制であり、事前に登録されたユーザであれば、空き状況を気にせず、いつでも誰でも利用できるシステムであったこと、また、ドコモグループが日常的に利用しているという実績から品質についても安心・信頼感があったことから導入を検討しました。正式導入前にはトライアル利用も出来たので、実際の環境での使い勝手や、既存のWeb会議システムで課題となっていた、映像音声の遅延が発生しないかなど、トライアル運用してみた結果、当社環境でも遅延なく安定した品質で利用できると判断できたので導入を決めました。
また、セキュリティ面では、当社は事業の特性上、多くの顧客情報を預かっており、社内で利用するシステムには高度なセキュリティレベルが求められるのですが、Web会議システムにおいても同様です。社外ユーザとの遠隔会議や外出先から会議参加でも、端末に会議資料を残さない、画面キャプチャも出来ないように制御するなど、他社製品と比較してもセキュリティ対策が万全だったのも導入の大きなポイントになりました。

どのような用途に活用されていますか?4拠点あるオフィス間での遠隔会議で利用しています。

現在は主に6拠点中4拠点あるオフィス間での遠隔会議で利用しています。また、社外ユーザもWeb会議に参加できるので、社外の協力会社の方も含めたプロジェクト会議でも利用しています。当社は、モバイル端末が全社員に行き渡るように社員用業務電話を全てフィーチャーフォンからスマートフォンへ切り替え、今後は外出先からの会議参加在宅勤務などにも積極的に活用しワークスタイルの変革を推進していきたいと思っています。

導入後、どのような効果がありましたか?移動にかかる交通費・人件費の削減には、かなり効果がありました。

遠隔での会議が実現できたので、移動にかかる交通費・人件費の削減には、かなり効果がありました。なにより、急な会議にも対応できるようになりました。また、当社ではWeb会議システムを全社員が自由に利用できるようにしているので、部門間のコミュニケーション活性化にも役立っています。今後は会議のペーパーレス化を徹底し、紙・印刷コストの削減や事前の資料印刷など会議準備にかかっていた時間も削減できることで、更なるコスト削減効果があると期待しています。

実際、利用してみた感想をお聞かせ
ください。長年改善を繰り返してきたという製品だけあり、使い勝手も良いし、
実績ある品質ということで、トラブルなく安定して利用できております。

やはり、ドコモグループが使うシステムとして、長年改善を繰り返してきたという製品だけあり、使い勝手も良いし、実績ある品質ということで、トラブルなく安定して利用できております。トライアル利用で導入前に実際に試せたというのが良かったですが、以前に比べて音声品質が非常に良いと社内でも好評です。今後も色んな場面で活用して、業務の生産性向上と社内コミュニケーションを活性化していきたいと考えています。

他の企業様の導入事例はこちら

資料のダウンロード・
お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼はお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

sMeetingとは

sMeetingとは、拠点間会議を効率的に実現し、ワークスタイル変革を推進する機能を豊富に備えたクラウド型Web会議サービスです。
インターネット接続環境さえあれば、PCやスマートデバイスからいつでもどこでもセキュアに利用でき、映像・音声・資料を共有しながらのコミュニケーションが可能です。

ロゴについて

シンボルはセキュリティの強さ、強いパートナーシップを表現しています。
中央のSは、いつでもどこでも「人・業務・距離」をつなぐサービスの要であり、円は調和・安定を象徴しています。